FC2ブログ

商業集積としての再構築

タイトルは、旧中心市街地活性化法時代の中心商店街活性化の方向でした。
商店街の「ショッピングの場」としての持続可能性を再構築するには、既存個店の奮起が不可欠ですが、これまでの取り組みで問題として取り上げられたことがありません。出来ないとあきらめているのか? まさか現状のままで差し支えないと思っているわけは無いでしょうが・・・。

中心市街地活性化基本計画で、陳腐化している既存個店の売り場の改革刷新が課題として取り上げられている例は皆無ですよ。いっぽうでは、魅力的な店舗・売り場が少ない、といいながら。
これで各個店の一見客増―固定客増の結果として実現する「通行量こと回遊客の増大」が実現できるわけが無い。

商店街は新陳代謝が必要だ、とはよく聞かれるところですが、まるで既存個店は空き店舗予備軍のような言い方が目につきます。空き店舗への新規参入者に期待しているわけですが、空き店舗に参入して繁盛できる出店者というのは希有でしょう。
空き店舗の数だけ繁盛店が参入してくるはず、というのが空き店舗活用派・エリアイノベーション派の大前提・思い込みですが、どこにそういう出店希望者がどこにいるというのか。

商店街立地で営業している店舗にはそれぞれ存続している理由があるわけで、それがなければとっくに空き店舗になっているはず、つまり、既存個店には磨けば光るポテンシャルを持っており、これを活用しない手はありません。
活用できるかどうかは、行政と商店街の力量次第。

とはいうものの、未だかって全国一カ所も実現していない「持続可能な商業集積」への転換を地元の力だけで実現するのは難しい。餅は餅屋、というコトバがあるように「売れる売り場づくり」には理論と技術を修得活用することが不可欠です。

というようなことを言っているのは本邦唯一、我々だけ、というところに商店街活性化の成功事例がなかなか登場してこない理由があります。
活性化したければ当社との協働が今現在、唯一の選択肢ではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ