FC2ブログ

商店街固有の活性化策は販促活動 

 商店街及び商店街立地の個店が従来駆使し、成果を挙げてきた活性化策といえば、ソフト・ハードともに,商店街の場合は同一商圏内の他の商店街、個店の場合は同業他店との競争において事業機会を確保するための“販売促進策”でした。

 ハード事業=アーケード、カラー舗装、店舗共同化等々。
ソフト事業=通行量増大策、空店舗解消、ポイントカード、各種売り出し、あるいは一店逸品、街ゼミ、百円商店街等々。

これらの販促メニューは、類似商店街以外に競合相手が無く、さらに取り組もうとする皆さんに所要の条件が整っていれば効果を得ることが出来るかも知れない、というレベルの販促活動であり、今現在、全国の商店街が直面している「活性化」の課題である“郊外の商業集積からお客を奪還する”取り組みの内容としてはまったく的外れです。
そもそも、業容が陳腐化し、販売が低迷している商業施設は販促活動をしてはならない、陳腐化した原因を剔抉(てっけつ)、業容改革に取り組むのが最優先の課題だというのは小売業界の鉄則です。

 激しい競争を繰り拡げている商業集積群に奪われているお客・消費購買行動を商店街的販促活動で奪い返すことは不可能です。
(そもそも上記メニューで活性化に取り組んでいる皆さんの問題意識には"ショッピングセンターからお客を奪還する"という課題は入っていないと思います。)

 商店街から出てくる活性化策はこのような従来型・商店街間競争の手段としての販促メニューか、託児所・コミュニティ施設等の非物販施設の設置などにとどまり、郊外型商業集積からお客を奪還するという"ほんまもの"の活性化実現に役立つ戦略的施策は出てこないのです。
なぜか?その理由はハッキリしています。

 全国の商店街、大店法当時からこれまで一度も「対郊外型商業集積(ショッピングセンターなど)」の競争対策に本格的に取り組んだことが無く、それどころか考えたことさえありません。
ショッピングセンターとは何か、ということさえまじめに勉強したことが無い、というのが商店街の正体。

 したがって商店街の活性化策と言えば、その昔、郊外に大型店など影も形も無かったころの隣接商店街との競争に効果を発揮したソフト・ハードの販売促進策以外には思い浮かばず、したがって、郊外型商業集積からお客を奪還するという目的に効能効果のある活性化策を考える、という課題などまったく思いもよらない。

 商店街の中から本当に役立つ活性化策が出てくることは無い、というのがこれまで大店法制定以来40年間に及ぶ商店街活性化の取り組みの教訓ですが、これをどう活かすのか、関係各方面(行政・中間団体)共通の課題です。

 繰り返しておきますが、商店街から商店街活性化の効果的な施策が出て来ることを期待するのは百年河清を待つようなもの、さっさと断念して「真正・活性化への道」を構築しなければならない。

 持続可能な都市経営を目指すなら、地場商業の活性化実現は喫緊・不可欠の課題ですが、実現するには"脳みそに汗をかく"作業が必要です。
あなたの脳みそを酷使せずに、全国ただの一つも成功事例が出ていない「商店街活性化」をあなたのまちで実現することが出来るはずが無い、と覚悟しなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ