ショッピングモール見立て⑨

9.ショッピングモール見立て

 商店街活性化とは、商店街を商業集積としての持続可能性が危ぶまれる状況に陥っている商店街に適切な施策を講じて、商業集積としての持続可能性を再構築すること。
これが中心市街地活性化法における商店街活性化(中心市街地における経済活力の向上)の意味するところです。

 この場合、前提になるのは、商店街を取りまく広域に於いて、
「商業集積間競争」が激しく展開されていること。
商店街を再生するとは。商業集積間競争に参加し、そのなかで
持続可能な商業集積として「集積性」を構築しなければならない、
ということですね。

旧法(^_^)整備改善活性化法)で言われていた、中心市街地所在の商店街等を一個のショッピングモールのように見たてた
「業種揃え・店揃えの最適化」に取り組まなければならない、と言うことです。

「ショッピングモール見立て」とは

これは、旧中活法のスキームで提唱されている中心市街地=商店街
活性化の方法です。
参照:中小企業庁『中心市街地活性化対策の実務』

ショッピングモールとは:
ショッピングセンターの一種。典型的な携帯は「2核ワンモール」二つの大型店を専門店テナント群を配置したモールで結んだ形。

商業施設としての「コンセプト」を定め、そのコンセプトを核店舗・サブテナント群という「店揃え」で実現しています。
店揃え=テナントミックスですね。
集積間競争とは、テナントミックスの優劣を巡って争われる競争のことです。

商店街のモール見立てとは、自然生長的に形成されている商店街の店揃えから、モールのような「コンセプト主導の計画的商業集積へ転換していくこと」を意味します。これが「商業集積としての再構築」です。

従って、空地空店舗の有効活用はもちろんですが、既存個店群も商店街のコンセプトを分担する業容に転換しなければならない。
そうしないとショッピングモール見立て、商業集積としての再構築にはなりません。

また、商店街が実現を目指すコンセプトも自分たちの好き勝手に選ぶことは出来ません。

商業集積には大別すると三つの種類があります。 

多くの都市及びその周辺には様々な商業集積・商業施設が立地して
いますが、それらを使い分けている消費奪い行動の側から見ると
大きく三つに分けることが出来ます。

1.コンビニエンス対応型集積:毎日の生活に必要でその都度購買す るのが合理的な消費

2.コストコンシャスニーズ対応型集積: 価格や時間にシビアな消費

3.ラグジュアリィニーズ対応型集積: 自分らしく作って堪能したい生活分野の消費

このうち、商店街が対応出来るのは、1若しくは3です。


中心商店街が、「商業集積としての再生」を願うなら、目標は「コンビニエンスニーズ」、「ラグジュアリィニーズ」 をターゲットにする商業集積骨転換を目指します。
我々が新しく商店街再生の選択として提唱する「コミュニティモール」ですね。

すでに採用を検討し始めている商店街、自治体があることを報告しておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ