FC2ブログ

既存個店の繁盛無くして商店街は活性化できない

 商店街を商業集積として再生する。
商店街活性化の目的ですが、この取り組み、何を頼りに進めれば目的を達成出来るでしょうか?
通行量の増大? 空店舗の減少? 
いいえ、違います。 これまで全国で実証済み。

  取り組みの頼りになるのは、今そこで営業中の個店群、そう、皆さんの店舗、売り場です。ショッピングの場としての魅力を備えた売り場が揃っていて初めて、来街者がショッピング客に変容します。
売り場が揃っていて初めて、来街者が売り場を買い回る回遊が起こります。
「売れる売り場」無くして商店街御活性化を実現することは出来ません。

 活性化したい商店街は、まず、既存個店群の売り場を「売れる売り場」すなわち「ショッピングを楽しめる売り場」に転換する取り組みに死にものぐるいでとりくまなければならない。
既存個店の売り場を充実させる、この取り組みに優先される事業はありません。

 ところが、主流となっている取り組みでは、この個店群・売り場の役割がまったく無視されています。既存個店は、店前通行量を増やして事業機会を増やしてあげたり、繁盛する店を空店舗に誘致して元気をもらったりする、支援対象と見なされています。
とんでもない無いことです。
シャッターの外側の事業で売り場の不備を補い、売上を向上させる、顧客を増やすことは出来ないということは、これまでの取り組みで十分確認されています。

 しかし、このことが教訓として共有されることはなく、多くの商店街では依然としてシャッターの外側で「活性化事業」が続けられ、来街目的となるべき個店売り場については、もっぱら個店の問題として放置されたままです。その結果、事業は昇華されるもののその成果が顧客の増加として蓄積されることはなく、個店の窮状は深まるばかり・・・・。

 商店街の商業集積としての持続可能性を再構築する、という課題への取り組みにおいて、最も頼りになるのは「売れずに困っている個店」群の存在です。
個々の企業の私的利害としての増収増益の実現・「売れる売り場づくり」骨取り組み、その結果「売れる売り場」が街区内で増えることがなければ、各種事業の結果として増えるであろう来街者を来街客に転化することは出来ません。

 通行量の増大による賑わい創出から個店の増収増益というこれまでの考え方から180度転換、「売れる売り場」の存在無くして「顧客創造」なし、という商業の基本に立ち返って、商店街活性化を牽引する唯一の原動力・個店売り場の「売れる売り場への転換」・個店の「増収増益の実現」を取り組みの基本に据えることが必要です。

 繁盛する個店無くして街の活性化無し。
これまでの取り組みからの脱却、これはこれまでの取り組みの錯誤に気づいた人が新しい行動を起こすことから始まります。
どう行動すべきか?
お問い合わせは当社まで。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ