FC2ブログ

商店街組織の目的と目標

 商店街組織の目的は加盟店の事業の発展に貢献すること。特に個店では取り組めが困難な事業に取り組み、その成果を加盟店に均霑すること。
目的を達成するためには、目的の達成にもっとも緊要・効果的な目標を選択し、その実現に組織の経営資源を集中しなければならない。

 目的は不変だが、それを達成するために掲げる目標は、時代環境によって変化する。「集積間競争」の恒常化、「ポスト基本計画」という現在における商店街組織の目標は「商業集積性の維持、強化」である。商業集積としての存在価値を維持することが加盟店の事業の発展という目的にとって、もっとも緊要な目標であることは論を俟たない。

さらに、商業集積性を維持、強化するという目標を達成するための事業には、当然、加盟店の「店づくり・売り場づくりの改革」という課題が含まれる。このは「個店の仕事」とされてきたが、個々の加盟店レベルで対応出来る問題では無い。

 商業集積性の維持、強化はという課題は、集積間競争が常態化しているこんにち、けして安易に解決出来る問題では無い。さらに、ポスト基本計画という新しい要件も考慮すると、この目標は「商業集積としてのあり方」を明確に示すものであると同時に、①集積間競争のただ中において、②商店街が自力主体で実現出来るものでなければならない。

 課題は、「自力主体で再構築する商業集積としてのあり方を目標に定め、経営資源を集注して取り組むこと」
商業集積としてのあり方は、①自力主体構築出来る ②他の集積と棲み分けが可能 という条件をクリアすること。

 我々が提唱する「コミュニティモールプロジェクト」はまさに、この、今どきの商店街組織が、その存在価値を実現するための協働の目標として掲げられるべきもの。他の目標では存在意義=目的:「加盟店の発展への貢献」が出来ない、というのが現下の環境与件である。

 従来取り組まれて来た共同事業は、①商業集積としての商店街には特に問題は無い ②商店街を形成する各個店の売り場も問題がない という前提のもとで計画されている。これらは商店街間競争には有効だったが、こんにち中心となっている計画的商業集積との競争には効果が乏しい。

 現下の商店街活性化の目標は、「商業集積性の維持・確保」というかって商店街が経験したことの無いレベルの課題への挑戦。多種多様な商業集積が布陣する広域商圏において「商業集積としての存在価値」を掲げ、実現していくこと。
商店街組織の目的に照らしてこれに優先する目標は無い。

 繰り返しになるが、我々が提唱する「コミュニティモール」は、諸条件を満たす商牛集積として再構築を目指す目標として、現下、待機されている唯一の選択肢。
存在意義に照らして、達成すべき目標を決定しなければならない状況に立ち至っている商店街組織、千載一遇のチャンスである。

 商店街組織は、目的である加盟各個店の事業の改善発達に貢献するには、加盟店の自助努力を組織化し、商店街の商業集積としての持続可能性を維持、再構築することを最上位課題として掲げなければならない。この目標を達成するため、その資源や能力を集中することが求められている。

 まずは、執行部がこの最上位目標の決定を推進、組織の共有を実現すること。
新年度の事業はこれで決まり。決めきらないとまた一年棒に振ることになる。
採用するのも大変だろうが、他に選択の余地は無い、と言うことで。

 いうも愚かながら、この商店街組織の目標は、商店街の活性化=経済活力の向上を目指す都市経営上の課題としてんも商店街活性化が実現sub駅も評とまったくおなqじであることを付け加えておきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ