FC2ブログ

商店街組織、今そこにある課題

商店街組織(以下「組合」)の喫緊の課題は、組合員(以下「個店」)の販売不振に陥っている売り場を「売れる売り場」に変えること。これを実現しないと折角取り組む各種の活性化事業の成果が「売上の増加・得意客の増加」として結実しない。

 個店の業績はオーナーの責任、と言えばそれはそのとおりだが、それでは組合、商店街が保たない。個店が現在進行中の環境変化に対応する知識と技術を入手し、活用するというのは不可能だ。全組合員に共通するこの問題に組合が対応しなければ協同の名が泣くというもの。

 個店ごとに適切な知識・技術を入手しそれを売り場に応用するというのはあり得ない話。個店ごとにコンサルタントを確保すルトか出来るわけが無い。第一適切な理論・技術・指導者をどこで確保するのか?
以上を考えれば、通行量をお客に転化するのは個店の仕事とはけして言えないことが了解されよう。

 組合が一丸となって推進しなければならない、商店街活性化の核心となる「売れる売り場づくり」、これは「小売業のプロ」の集団である商店街・個店群の自力だけではまず実現出来ない。繁盛している店舗のノウハウを他店に回す、というのは言った見ただけに終わること必定。

 「ポスト・基本計画」時代の商店街活性化、もはや個店売場のあり方・動きが変わらない施策ではいくら取り組んでも蓄積すべき成果が得られないことはハッキリしているはず。この上従来の事業をくりかえすというのは、そら、組織の目的、現状に照らしてあってはならないことのような。

 とはいうものの、これまで理論と技術の欠如にまったく手を打ってこなかった組合がポスト基本計画という問題状況の変化を自覚し、対応策として「売れる売り場づくり」を打ち出し必要な事業に取り組めるかどうか。
これは自覚しないと国も自治体も専門家も言ってくれませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ