FC2ブログ

TMO体制

 旧スキーム、旧基本計画での取り組みは、なぜ成功しなかったのか?
答えは簡単でありまして、「TMO体制」の構築に失敗した、ということです。

 挫折の原因については、総務省の行政評価や国会における論議をはじめ、様々な要因が挙げられています。都市が作成した新基本計画でも、それぞれの都市が考える「なぜ成功しなかったのか」理由が列挙されています。
しかし、どこの総括を見ても「TMO体制が構築できなかった」「TMOが機能しなかった」ということは自覚されていません。当サイトでは何度と無く指摘してきたことですが、残念なことに新基本計画の作成にあたって「TMO体制の構築」を課題に掲げて取り組んでいる例はきわめて少ないようです。

 当社が指摘するところが的を得ているとすれば、TMO体制の構築を目指さない実践は、旧計画時代の轍を踏むことになるわけで、当社としてはあらためて強く警告しなければならない、ということで。

 TMO体制とは、TMOを司令塔に中心市街地の商業機能全体を一顧のショッピングモールに見立てて「ショッピングの場」として足構築していく体制のことです。商店街をはじめ中心市街地既存の商業者の自助努力を結集、組織して全体としての「テナントミックスの最適化」を推進していく体制です。

 中心市街地の商業を全体として活性化するには、都市全域の商業機能の配置状況、中心市街地商業の現状、消費購買行動の変化に適応して、都市及び周辺地域という広域において中心市街地の商業機能が果たすべき役割を定義し、既存商業者の自助努力を結集してその実現を目指す以外に、方法はありません。
TMOはその取り組みの司令塔となるべき存在。
以上については「TMOマニュアル平成12年版」に明記されているところです。

 ところが、各地で立ち上げられたTMOは、その任務を見事に無視、専ら中小小売商業高度化事業の事業主体あるいはその他の補助事業の実施主体の位置に止まってしまいました。
中心市街地ぐるみでの「テナントミックスの最適化の推進」に取り組んでいるTMOはただの一個所も無かったのではないか。

 国は、中小小売商業の競争力の根幹は、テナントミックスの最適化であると指摘しています(新『基本方針』)。競争力とはすなわち消費購買力を吸引する魅力そのものであり、その根幹がテナントミックス即ち、集積全体で実現する「品ぞろえ」の最適化だと言っているわけです。
中心市街地の商店街をはじめ商業機能を活性化するためには、顧客吸引力の根幹であるテナントミックスの最適化を推進しなければならない。すなわちお客から見た「来街目的」を再構築しなければならない。

 テナントミックスの最適化は、国の指摘の有無に関わらず、商業集積を活性化したかったら真っ先に取り組まなければならない課題です。このまったくあたり前の仕事を放棄して、専ら周辺事業にばかり注力してきた取り組みが成功するはずがありません。

 恐ろしいことに、旧スキームにおける商業活性化の取り組みの欠陥はほとんど自覚されておらず、したがって、全く改善されないまま、新基本計画に継承されています。結局、新しい取り組みも従来同様、商業の活性化という目的を達成する可能性に乏しいことが次第に明らかになってきます。

 「商業の活性化への道」をどう構築するのか?
そこにおけるTMOの役割は何か?
既に基本計画の認定を受けた各都市も、未認定の都市と全く同じようにこの問題に直面しています。
あらためて、TMOの役割について、新旧両方のスキームをしっかり勉強してみられることをおすすめします。

 もっとも、適切な「商業理論」を前提にしない限り、いくらスキームを読んでも「勉強」にならないかも知れません。
そういう人は、当サイトの「サイト内検索」を活用してください。

※ところで。
 かって先進事例として全国から視察を受け入れていたTMOがいまやTMO事業は完了したものの、所期の成果をあげられない、という事例が続出しています。
「先行事例」の視察は、何をなぜ見たいのか、目的をハッキリ圧せ無いとなにも見えません。「見方」「考え方」を確立しておかないと、いくら視察しても先方の自慢話を聞かされるだけ、肝心のことは見えず、視察の成果は獲得できません。ショッピングセンターと同じですね。

 メールで問い合わせいただけば、視察先でぜひ視察していただきたいこと、視察の要領など、詳しく提案します。


★記事内容の普及は、取り組み改革の第一歩、よろしくお願いします。
ブログランキング
 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ