FC2ブログ

商店街活性化 本当の問題

商店街活性化が失敗し続けている最大の原因は、街のにぎわいの根幹=各個店の「得意客」がさまざまの理由で減少して陥った「空洞化スパイラル」からの脱出が、「通行量の増加」で可能と考えていること。
得意客の減少は通行量の増加で解決出来る、という恐るべき誤解を正さないと活性化は不可能です。

活性化が必要な商店街で減っているのは各個店の得意客、通行量が減っているのはお得意さんが減った結果です。ごく当たり前の理解に立てば、「通行量を増やせば街は活性化する」という藻谷浩介流が素人談義であることが分かります。
取り組むべき課題は通行量増加では無く、個店の【店づくり】です。

商店街では「街に人を呼び込むのは組合の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事」と言われてきました。プロだから出来て当たり前、とも言われました。本当にそうでしょうか?全国の商店街が「通行量増加」に取り組んでいますが、結果として個店の得意客を増やせた成功事例があるでしょうか?

商店街活性化で取り組まれている「通行量の増加」の本当の目的は、「通行量を個店に入店させ得意客にする」ことです。通行量を増やすのはお金も掛かり、人手も必要、個店では出来無いから組織が対応する、増えた通行量をお客にするのは個店のしごと。通行量=最終ゴールでは無い。よろしいですね。

商店街全盛時代、通りを歩いている人たちの肩と肩が触れあうくらい人通りが多かった、とはよく言われるところ。
商店街の長老さん達が当時を思い出して「通行量さえ増えれば繁盛してみせる、そうだ通行量を増やそう!」ということで始まったのが「通行量増加プロジェクト」です。
国を始め行政や支援機関が行うアンケート調査では、商店街が直面している問題として、「通行量が減ったこと」が必ず挙げられたものです。

また、終点街の外に大型店が進出してきた際の影響調査も「通行量」を測ることが通常で、もちろん、通行量は減少しますから、「ほら」ということになります。
通行量が減った→増やそう、という「活性化策」が論議抜きで採用される。

こういう流れが出来ているところに登場したのが藻谷浩介氏。
佐世保市四ヶ町の通行量を見て「日本一元気な商店街」と太鼓判を押しました。商店街は住む人来る人を増やせば活性化する、という「商店街まちの花理論」は一世を風靡しました。

猫も杓子も「通行量増大」を目指して事業に取り組みましたが、なかなか思うようにはいきません。
と言うよりも、通行量を増加するための事業に取り組んでいるにもかかわらず、通行量は減り、売上は落ち込み、空き店舗は増える、まちの空洞化は進むばかり。

どうしてこういうことになっているのか?
あらためてその理由・原因を探り、本物の「活性化への道」を発見し、歩き始めないととんでもないことになります。

いろいろなことを考え合わせると、画期的な手を打たず、このまま」の状態が続けば、商店街の余命はあと5年くらいではないでしょうか。余命5年説は、後継者問題、執行部の人材などを考え合わせると、全くの当てずっぽうでもありませんが、その続きはまたの機会に。
いずれにせよ、売上はすべてを癒やす、繁盛する個店が増えれば解消する問題です。

組合が総力を結集して取り組まなければいけないのは、イベントで呼び込んだ人を個店の一見客として送り込むこと。
これが出来なければ、イベントをやる意義がありません。
イベントの目的は,街の得意客を増やして、イベントが無くても買物客で賑わう=恒常的に賑わう商店街づくり、ですからね。

さあ、問題は明確です。
イベント目的に来街したお客をどうしたら「一見客」として個店の売場に送り込めるか?
さっそくいっておきますが、100円商店街やまちゼミ、一店逸品などのイベントは解決策ではありません。
その証拠に「商店街活性化・三種の神器」に取り組んだ結果、得意客が増えた、恒常的な賑わいが実現したという成功事例は一個所も報告されていません。
三種の神器も所詮はイベント、「イベントでは得意客は作れない」という鉄則は個店のイベントにも当てはまります。

直接、「個店への入店客」を増やすことを目的にしたイベントがあります。
まちゼミ、100円商店街、一店逸品など。
「商店街活性化への三種の神器」といわれ、関係者の注目を集めているようです。他に飲食店向けの「バル」も取り組まれています。
結果はどうでしょうか?
共通しているのは、集客には成功しても参加したお客さんが得意客になってくれないこと。
イベントは楽しまれるが、その後来店―お得意さんにはなってもらえない。

どうしてこういうことが起こるのか?
やはり「商店街活性化」は無理なのか?
そうではありません。
取組方が根本的に間違っているのです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ