FC2ブログ

【活性化】という蒙昧語

 蒙昧語:我々が発明した用語。一見、専門用語のようにみえるが、本当はその意味が定義されておらず、また関係者によってその使い方について合意が出来ていない疑似・専門用語のこと。

「商店街活性化」もそうですね。
我々以外誰も定義していません。定義していない疑似専門用語で話が通じて用が足せるのは、話されている内容が活性化に関係のないことだからかも知れません。

 我々は、何年間も【商店街活性化】とは商店街がどうなることか、中活法のスキームを援用しながら定めた定義を提案してきましたがほとんど反応はありませんでした。
それなのに商店街が活性化出来ないことを問題にするのは、如何なものか。本当に本気でとりくまれているのか、と疑いたくなりますね。

 ということで、我々が提唱する取組は、「商店街活性化」の定義を必要としない皆さんの取組とは違いますので、活性化という言葉を使うのを止めることにしました。

 これから我々が目指す【商店街の商業集積としての再構築】は【賦活】という言葉で表現したいと思います。

【賦活:賦活】:瀕死の状態から生き返ること、元気を取り戻すこと。

 商店街活性化関係の計画などで使われている“専門用語”はそののほとんどが定義されていません。
計画されている事業も,mなぜその事業に取り組むと活性化に効果があるのか、論理的な説明は行われていないの通常です。

説明がされていないので、その事業が本当に活性化効果がるのかどうか,事前に検討sすることが出来ません。

ご承知のとおり、事業が終わってみると、効果が無かった、という事業がほとんどです。
総務省“行政評価監視報告書”の通りですね。

どうしてこういうことが起こるのか?
あなたの商店街、中心市街地は大丈夫ですか?
なぜ大丈夫と言えますか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

売れる売場づくり本舗

  • Author:売れる売場づくり本舗
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ