FC2ブログ

商業集積間の回遊性

 サイトでは、中心市街地の回遊性・賑わい創出のカギと位置づけられている〈ゆめタウン別府〉のケーススタディに取り組んでいますが、が先行していますが、アクセル&ブレーキで「回遊性の喚起」を期待して中心市街地に誘致される大型商業施設には注意が必要です。

その理由:
①郊外型SCは「自己完結型集積」。ここをデスティネーションに来街した買い物客が商店街に回遊することは、基本的に期待できない。
②逆に、これまで中心市街地既存の集積(個店)に買い物に来ていたお客が向こうに吸収される可能性はある。
③中心市街地の商業街区で「核」となりうる業容は、これまでのところ、開発されていない。

 『基本計画』などではよく「回遊性」という言葉が頻用されますが、
①通路がつながっていれば回遊するというものではない
②空き店舗をなくなれば回遊が発生するというものではない
③買い物以外の来街から買い物目的の回遊にはなかなか移らない
④通行量が多いのと遊歩客が多いのとは別の話
といったことは、よく経験されるところです。

 回遊性の創出を目指す、という趣旨で回遊性を高める(であろう)施策に取り組もうとするときは、「人はなぜ商店街で回遊という行動をするのか」あらためて自力思考が必要です。
回遊性を実現しようと事業に取り組んだがダメだった、と実感するときは既に手遅れになっているはずですから。
 特に、SCの進出は要注意です。域内のSMなどを中心に影響が大きく、それらが作り出している回遊性が劣化する可能性があります。
そういえば佐世保市には商店街のすぐ横にゆめタウンが進出するとかしないとか。出てくれば三・四ヶ町はものすごい打撃を受けます。
ゼッタイ阻止を掲げるべきですが、さて、大義名分があるでしょうか?

 それにしても、商店街活性化の関係者各位は、SCについて知らなさすぎですよね。
SCオープンと同時に商店街に人の流れが帰ってきたとしても、この人では全て、SCをデスティネーションとする通過客です。これによる通行量の増加が少しでも売り上げにプラスになる店は、今現在も繁昌しているいくつかのお店に限られます。

 アクセル&ブレーキが登場しそうな商店街は今何を為すべきか?
SCのオープンをタイムリミットとして、一所懸命、繁盛店づくりに邁進する、というのが取るべき唯一の方策です。
今度という今度は、「繁盛店づくり」と銘打った講習会を一、二度開催する、といった程度の取り組みでお茶を濁すわけにはいきません。
もちろん、販促イベントなどではどうにもなりません。

 自店ならではの「繁昌への道」を構想し・実現していくという唯一の選択に取り組んでいくために必要な勉強をすること。これをサボっては繁昌を実現することは出来ません。

 そもそも、どんな講習会であれ、一回こっきり・2時間程度の聴講でなんとかなる、という情勢なら、日本全国、ここまで商店街が衰退し・復興できない、という事態は起きません。当サイトなどはさっさと退転していなければならない。

 SC襲来に本気で対応しようと思うなら、2~30時間程度の勉強は当たり前ではないでしょうか?
それとも本当に勉強抜きでお客にとって“郊外のSCを横目で見ながらわざわざ出かけてくる買い物の場所”に生まれ変わることができますか?

 ということで、重ね重ねのお誘いです。
『超大型ショッピングセンターの襲来 商店街はこう対応せよ!』
SC進出を契機にスタートする繁盛店づくり、まずは取り組みの方向と方法を理解してください。

 今後とも小売業を続けたいと思っている人、それも商店街という「旧立地」に位置してもう一度繁昌を再現したいと思っている人は、一度はSCをきちんと理解するための努力・勉強に取り組むことが必要です。
 勉強すると、商店街での商売に自信が持てるようになる。
もちろん、勉強しなくとも自信満々の人は勉強なんか不要かも。

★記事内容の普及は、取り組み改革の第一歩、よろしくお願いします。
ブログランキング
 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ