FC2ブログ

基本計画の終了と新しい商店街活性化

第二次中心市街地活性化基本計画が逐次期間終了を迎えています。さすがに三次へチャレンジする都市は無いでしょうから、このまま「中活法スキーム」は終焉を迎えるのでしょう?
 今後は地方自治体の裁量ー地域再生への組み入れとなれば新しい問題が発生します。その話は次の機会として、基本計画の簡単な総括をしてみましょう。

『基本計画』の失敗は、第七章「経済活力の向上のための計画=商業の活性化のための計画」の失敗です。各種事業を一体的に推進して実現を目指す目標の設定を致命的に誤りました。

第七章は、地場小売商業者を主体として推進する「コミュニティニーズに対応する商業集積としての再構築プロジェクト」として計画されなければ所期の目的を達成することは出来なかったのですが、「中心市街地らしい賑わいの創出」程度の漠然としたキャッチコピーが掲げられただけでした。
つまり、計画の体を為していなかったのです。

端的に言って、各地の基本計画が商業の活性化を実現出来なかったのは、プランニングスキルの不足と商業についての知見の不在が根本原因です。
どの都市の基本計画も専門スキル不在のまま推進された、高度な専門スキル必需のプロジェクトでした。

この指摘を免れうる基本計画は無借ったと思います。さらに、こんにち至ってもなお原因は自覚されていません。
最近よく言われる「PDCAを回す」作業ではこの原因を認識することは出来ません。
全計画が「経済活力の向上」分野において挫折した原因です。

これからは商業者が主体となって商店街活性化の道を確立し、地方公共団体をはじめ関係各方面に提案し合意形成、自分たちが主役となって商店街活性化に取り組んでいくことになります。商業者の誰の目にも明かな自助努力の発現無くして地元主導の商店街活性化は発動出来ません。

この問題状況でタイミング良く提案した我が「コミュニティモールプロジェクト」ですが、これ以上の選択肢が提出されることは、基本計画の現状を見ればまずあり得ないと思います。
プロジェクトの採用をしっかり検討してください。
一日も早い採用がお奨めです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ