FC2ブログ

商店街活性化の大まちがい

 通行量増大、空店舗解消などを代表とする商店街活性化策の目的は、施策の結果として商店街の来街者が増え、個店の業績が向上し、再投資が可能になり、商店街が 商業集積として持続すること、ですね。ここまでに異論は出ないと思います。

 さて、上のシナリオを書き直すと次のようになります。

活性化策に取り組む→個店業績が向上する→街が活性化する

如何ですか、この図式を免れる活性化策、個店の業績向上をスルーして商店街を活性化出来る方法がありますか?

口に出して言われることは少ないようですが、すげての活性化事業は、取り組んだ結果、「個店の業績が好転する」というプロセスを必ず含んでいます。
そして、事業に取り組んだ結果「活性化が実現していない」という評価が下されるのは〈個店の業績が向上していない〉からですね。

活性化のための取り組みの前提になっているのは、
既存個店の業績低迷は売り場に原因があるのでは無く、通行量や空店舗のせい、それらの条件を改善すれば個店の業績は好転する、
という考え方です。
この考えの上に活性化事業が企画され取り組まれています。

活性化策→個店の業績向上→街の活性化

ということで、活性化策に取り組めば個店の業績が(必ず〉向上する、その結果として街が活性化するというシナリオです。

 先述したように、このシナリオには「個店の売り場には問題は無い、例え問題があっても店主は商売のプロだから解決出来る」ということが前提になっています。したがって、活性化施策には〈個店売場の改革〉という課題がゼッタイに出てこない。
 
 これまでの活性化事業は各個店の売り場は一度お客が体験してくれさえすれば得意客になってくれるはず、という前提のもとに取り組まれています。
 商店街活性化施策の成否は、「個店売場」の売り場としての機能がお客から見て満足出来る状況に維持されている、ということに掛かっているわけで、この前提が成立していなければ、当然、活性化策は目的を果たすことが出来ません。

 実際に取り組まれている活性化策が成果が挙げられないのは、この大前提が成立していないからです。
集客イベントでいくら人を集めてもその人たちが個店に入天し、ショッピングを経験しなければ翌日移行の来店につながりません。
集約イベント当日、fらいが医者は個店に入店しているでしょうか?
各個店のファサードはイベント客を迎え入れる身支度が出来ているでしょうか? ほとんど準備が出来ていませんね。
これでは何のための集客イベントか分かりません。
このような状態の個店に〈クロージング〉を任せた活性化事業でいいのでしょうか?

 活性化策の大まちがい。
個店のために取り組んでいるはずの活性化事業が実は個店売り場の優秀さをあてにするという大倒錯のもとで取り組まれていた、しかし、個店の売り場はそういう期待に応え荒れる状態には無い、ということ。
このことをすなおに認めれば、活性化事業の前に取り組むべきことがあったはず。
そうで無いとすれば、お客は店前に連れてきさえすれば売り場の適否などに関係なく入店して得意客になってくれる、という大昔の商店街神話に呪縛されているか。
そういう人もいないともかぎませんね(^_^)

 もはや、「個店売場の優秀さ」を当てにした活性化策では商店街を活性化することは出来ない、と結論は出ています。
二兆三千億を使って来街促進、販売促進を繰り返した結果、いや問い運ほど明らかになった事実です。
この結論を理解出来るかどうか、理解したとして行動を変えることが出来るかどうか。、活性化の成否はここに掛かっているとして間違いはありません。

 付け加えておきますと、〈売れる売り場づくり〉は商店街内部の力だけでは取り組むことが出来ません。
なぜ出来ないと断言できるのか、考えてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ