商業政策の新たな在り方研究会

中企庁の「商業政策の新たな在り方検討会」、昨年7月に中間まとめが公開されて以降、動きが見えませんが、
中間まとめ
各回議事録に見られる委員各位の問題意識は主催者の期待に応えるものだったかどうか。


新たな商店街政策の在り方検討会(第1回)議事録
冒頭、主催者代表(中企庁経営支援部長)の挨拶にみられる問題意識を紹介します。

○高島経営支援部長あいさつ:
今御紹介いただいた高島でございます。
お忙しい中、お集まりをいただきまして、石原座長を始め、皆様、大変ありがとうございます。
今回は、今日から始めて、新しい商店街政策の在り方検討会ということでやらせていただきますが、余り、ちょっと海図なき航海という感じでございまして、実は特定の結論を私ども頭に置いて、それで運営していこうという審議会ではこの場はございませんで、正直に申し上げますけれども、余り、こうしてこうしてここに行こうという明確な道筋なく、検討会という名前ですけれど、ほとんど勉強会に近いような気持ちで、やらせていただければと思っております。
ちょっと私を初め、今の商店街政策がこれでいいかどうか非常に自信がない、時代の変化にどうやってついていったらいいかというのを大変悩んでいるところでございます。
簡単な解はないのだと思いますけれども、それにしても、いろいろな制約の中で私どもがやっている商店街政策が有効でないかもしれないと、そういう恐怖感が非常に強くございます。どうしたらいいだろうかということを、文字通りの意味で勉強、検討していかなきゃいけないと思って、お集まりをお願いした次第であります。よくお忙しい中でお引き受けいただいて、本当にありがたいというふうに思っております。
実は、全部で何回やるかもはっきり決めてあるわけではありません。しかしながら、かなり、何回もやらせていただいて、そのたびに皆様がやっておられること、思っておられ
ること、あるいはほかの方の話を聞いて思うこと、どうぞ全く文字通り、忌憚なくお話をいただければ幸いです。
私どももどうしたらいいだろうという悩みを、甘えるようで恐縮ですが、共有していただくような感じで、議論を進めさせていただければと思います。
引用終わり*****************

厳しい認識ですね。
これを承けてどのような検討が行われたのか、またその結果については直接議事録に当たってください。

検討会は「中間まとめ」の発表以降の活動は公表されていません。

商店街活性化、もはや尋常な方法では実現出来無いことが、政府発表、マスコミ報道で明らかになっていますが、商店街現場の動きはどうなっているのか、相変わらずの動きが続いているようでは2年後、3年後はどうなりますやら。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ