FC2ブログ

コミュニティモールプロジェクト説明会に先立って

☆コミュニティモールプロジェクト説明会に先立って☆

コミュニティプロジェクトの特徴は、
1.言い出しっぺ:商店街組織
2.推進体制:商業者・商店街組織・行政・関係団体・他
というところにあります。

 「中活法」の推進体制が行政中心というか、計画作成は行政主体、実施段階はそれぞれの事業について、準備が整った実施主体ごとに取り組む、というプロジェクトにはほど遠い取り組みでした。作成に参加した商業者代表もその他の団体の代表者とまったく同じ、「商業集積としての再構築」の担い手というポジションには無縁の処遇でした。
まして、一般の商業者はこんにちまで基本計画の説明などただの一度も受けたことがありません。
活性化の主役を張らなければならない商業者を「依らしむべし、知らせるべからず」という位置に立たせて、商店街活性化が実現できるわけが無い。

 と言うことで、このプロジェクトは立ちあげについて商業者が「言い出しっぺ」となり、推進体制・タウンマネジメント体制を再構築して、関係各方面それぞれ持ち場の仕事に邁進することで取り組みの相互作用、相乗効果を発揮、活性化の実現を加速するという、本来なら中心市街地活性化基本計画で実現しているはずの取り組みをあらためて構築しようというものです。

 したがって、スタートまでの商業者による準備が大変重要です。まず、商業者がプロジェクトの趣旨を「この事業に街の命運を賭ける」という覚悟を持っていただきたい。覚悟が無ければ行政以下の関係各団体をその気にさせることは難しい。
大事なのは、説明会の開催に先だって商業者・商店街組織の合意を確保すること。

 そこでご提案:
全体への説明下に先立って、昨日紹介した「5年後の商店街を見つめる講習会」を開催、講義・協議・臨店指導の三点セットでプロジェクトの概要を理解した上で説明会の開催に向かう、というのはいかがでしょうか。

 前述の講習会については、その後、あまり日をおかずに全体説明会を開始する、という予定のもとで開催されるものです。

 ちなみに、既に説明会を終了し、次年度発足するケースは、これまでに「キラリ輝く繁盛店づくり」に取り組み、プロジェクトの中核事業である「売れる売り場づくり」の修法・効果について熟知しています。
 当社とのお付き合いがプロジェクトで始まるというケースでは、あらかじめ商業者を対象に前期講習会を開催されるのがお奨めです。
メールでお問い合わせください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ