間違いだらけの商店街活性化3

※念のために繰り返しておきますが、今現在各地で取り組まれている「商店街活性化のための事業」が
①商店街活性化とは街がどうなることか定義する
②活性化を実現するため達成すべき目標を考える
③目標を達成するための事業を考える
という思考検討を経て取り組まれている、「正しい活性化策」であるとすれば、もう商店街活性化は諦めなければならない。
何故か?
これまで長年にわたって取り組んでいるにもかかわらず成果が上がっておらず、状況は厳しくなるばかり、活性化出来る可能性は無いに等しい。

しかし、もし現在取り組んでいる活性化事業が「間違っている」とすれば話は別、正しい取り組みに転換することで商店街は活性化出来る可能性があります。ご承知のとおり、当社は、「売れる売り場づくり」が商店街活性化への王道であると提唱し、有志個店・商店街の皆さんとの協働で実証して来ました。

慣れ親しんでいるこれまでの商店街活性化を継続するのか、新しい道を選択するか。
まずは、これまでの取り組みが商店街活性化を実現出来ない間違った方法だとい我々の主張を検討してみてください。

☆本分(①、②の続き)

商店街で起きている多様な負の個別問題の数だけ活性化策が取り組まれている。
代表的な負の現象と対応策:
来街者の減少、
通行量の減少→集客イベント、集客施設の整備
空店舗の固定化・増加→空店舗活用
共同施設の老朽化→更新
等々。

取り組みの特徴は、
1.取り組まれる事業の多くが「活性化の切り札」と位置づけられていること。
2.したがって、それぞれ他の事業から孤立して取り組まれること
3.条件反射的取り組みのため、終了後の総括がおこなわれない
4.異名僅差事業の繰り返し
そして:
5.個別現象の原因追及を怠っているため、対策が皮相に止まり、問題の抜本的な解決への接近はおろか、解決するとした個別問題の解決にも失敗していること。

 各事業共通の特徴。
総じて指摘されるのは、対象療法的手法であり、「ビジブルな現象としての負」に対する弥縫策、加上策の域に終始していること。

 例示:空き店舗の解消。
商店街活性化の課題:空洞化の解決→空き店舗の解消→空き店舗活用事業。
趣旨:空き店舗に魅力的な店舗を誘致し、繁盛を実証して既存店に刺激を与え、活性化への意欲を喚起する。
結果:
1.応募者なし、
2.応募があっても既存個店群に影響及ばず
次いで、ともかく空き店舗を埋めようということで

新規創業者と募ると、補助金目当ての操業が相次ぐが、ほとんど成功せずに「補助金の切れ目が縁の切れめ」となる。
「空き店舗の解消」の取り組みでは空き店舗を減らすことは難しい。
成功事例が出ても街への波及効果はなく、衰退趨勢への歯止めにはならない→今ここ:成功事例が陥っているところ。
空店舗を埋めたつもりがすぐに空店舗に戻ってしまう。
「空店舗活用」に取り組んでも空き店舗が継起する機制は解消され
ず、新たな空店舗の発生を止めることが出来ない。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ