FC2ブログ

「そもそも論」無き実践は奈落への道



そもそも論とは何か?

そもそも:
そもそも論。
そもそも、
商店街活性化とは商店街がどうなることか
まちづくりとはまちがどうなることか
エリアイノベーションとはエリアがどなることか
賑わい創出とは何を創り出すのか
コンパクトシティとは何のことか
意味ありげな言葉ばかりだが、その実、中味は空っぽ。

中味の無い言葉を実現するとして取り組まれる事業の数々、それらに取り組んだら何がどうなるのか、説明抜きの事業が延々と続けられ、その結果の評価はスルーして次の事業に向かう。
「そもそも論」の無い取組の落ち行く先。
と言うことで。
これでよろしいんでしょうかね。

日本全国、長年にわたって取り組まれて成果が得られない商店街活性化、ことここに至ったら、
「そもそも商店街活性化とは商店街が怒鳴ることか」
あらためてきちんと定義して、
「そもそもこれまで取り組みでいいのかどうか」
考えて見なければならない。
そういう時期に来ていると思いますが如何ですか。

「そもそも論」を省略することができるのは、「成功事例」がある場合に限ります。
「あんな風になりたい」というモデルがある場合は、そもそも論を省略して、そのモデルの真似をすればよろしい。
明治開国では、様々な社会制度について欧米各国の先進事例を「そもそも論」抜きで導入することでOKでした。
そもそも論の必要な部分は、「Oyatoi外国人」が担当してくれたので、我々の先祖は安心して実務に取り組んで制度を構築することが出来ました。以来、我が国では「そもそも論」を軽視する傾向があるようです。Oyatoiシンドロームですね。

さて、商店街活性化について。
はじまりは、郊外に進出してきた大型店の影響で業績が低迷するようになった商店街の大型店対策でした。
大型転位奪われた消費購買力=得意客をどうすれば奪還できるか、と言うことでしたが、大変難しい問題でした。
商店街としては今まで経験したことの無い競争相手ですから。

本当はここで、
「そもそも大型店とは何であるか」という問題を掲げ、敵の正体を理解した上で対策を講じるべきでしたが、「そもそも論」を省略して対策に取り組みました。
以来、こんにちまで「そもそもン競争相手は何ものか」という問題は立てられないままです。

やがて、だんだん疲弊していく商店街ついて「商店街活性化」が叫ばれるようになります。
しかし、活性化は定義されず「商店街活性化とは商店街がどうなることか」全く定義しないまま、活性化策が取り組まれています。活性化策はどこから生まれてきたのか?

大賀店の出店の影響を測る,と言うことで実施された「通行量調査」の結果です。通行量は影響調査のために行ったものが、通行量減少→活性化するには通行量を増やせばよい、という倒錯が生じました。その結果、今日に至るまで活性化=通行量の増大という「商店街の常識」が生まれたのです。
そもそも論無き倒錯、これが現在取り組まれている商店街活性化事業の実相です。

様々な事業が取り組まれていますが、そのほとんどが「通行量増大」のための事業ですが、「そもそも論」がないために、通行量を増大できな事業が目立ちます。
それでも「そもそも論」段階に立ち帰って考えて見よう、という動きはありません。
Oyotoi外国人当時以来、この国には「そもそも論」を軽視ないし無視する傾向があり、それが商店街も蔓延しているのです。

これは商業者、商店街特有のことではなく、活性化を支援する学識経験者、学者・研究者にも共通する、明治開国当時に遡って受け継がれている「もlのの見方考え方」ですね。

この「ものの見方・考え方」を続けている限り、商店街を活性化することはできません。成功事例を真似たくても成功事例が無いのですから。
それでも「そもそも論」が苦手な皆さんは、成功していようがいまいが、取りあえず、先行事例を真似ようとする。

成功事例と言っても「そもそも成功事例とはどういう事例か」というところが考えられていませんから、ともかくマスコミなどで取り上げられた事例が「成功事例」として模倣追随するわけですね。日本全国、「成功事例」とその模倣に溢れていますが、一向に商店街が活性化した、という報告はありません。

この状況から抜け出浅内限り、商店街を活性化することjは出来ません。
あらためて「そもそも商店街活性化とは商店街がどうなることか」というレベルから組み立てなおければならない。

とはいうものの、皆さんが一から考えるというのは「大変なので、当社ホームページの「サイト内検索」で「商店街活性化 定義」を検索してみましょう。
きっとあなたが納得出来る
「そもそも商店街活性化とは商店街がどうなることか?」
が入手できると思います。

ちなみに、「コミュニティモールプロジェクト」のプレゼンテーションでは、そもそも論をしっかり展開します。
「そもそも」無くして実践無し。
これが成功する商店街活性化の合言葉です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ