FC2ブログ

エリアマネジメント資金賦課制度



街づくり資金賦課制度

 〈街づくり〉の財源を非組合員を含む全事業者に負担させようというせいどで、概要は記事のとおり。

 これまでは国が中心で支援して来ましたが、国の仕事では無い、という異見があったり、さらに、数十年にわたる取り組みがほとんど成果を蓄積出来ないところから、〈制度疲労〉という側面もあろうかと。
内部では、街区内の事業者で商店街組織に参加していないチェーン店などについて〈フリーライダー〉ではないかという批判があり、一部の自治体では条例で組合参加を義務づけている例もありますがほとんど機能していません。ご承知のとおり。

 このような状況での新制度導入です。地域商業・商業街区の活性化は自治体以下、地域の自助努力で推進する、というまあ、当然と言えば当然の方向ですが、これまで積み残されている問題もあり、なかなか厳しい話です。

 本来なら中活法のスキームにおけるタウンマネジメントが軌道に乗った段階で移行する、という話であるべきところ、総務省レビュー以降の状況を見るまでも無く、40年にわたる取り組みが二進も三進もいかなくなった段階での〈移管〉だということをキモに銘じておかないと、負の方向に作用する可能性も否定しがたいですね。

 記事にあるように,新設される財源を「カフェやイベント」の資金に当てるというのは、これまで賦課金+補助制度で賄っていた「効果の無い取り組み」を新財源で賄う、というだけの話で、財政的な余裕は生まれても活性化への展望が増すわけではない。現在でも事業活動のあり方については,組合内部からも陰に陽に批判が絶えないところ、従来どおりの事業活動で財源が安定する、と喜んでいてはとんでもない。
従来の熊井亞依内部、いわばコップの中の紛争が自治体を巻き込んだ公的トラブルになってしまう可能性も否定出来ません。

 新制度を奇貨として、〈商業集積としての再構築」を推進するしっかりした方針を立てることがきっきの課題。新に資金を分担する事業所にも『メリット』を提示しなければならない。
この人たちに資金分担だけで無く〈業商集積としての再構築〉の協働に参加してもらわなければならない。

 「協働で街区の活性化」に取り組む、という構想が不可欠であり、もちろん、既存の中心市街地活性化基本計画では心が動きません。(あなたの心は動いていますか?)。
あらためて関係各方面が心を一つにして再構築に向かって協働を再編する、の契機とすることが出来れば、制度新設を『起死回生』の機会に転じることも可能になります。

 それにはまず「エリアマネジメント」を理解することから。
タウンマネジメント、まちづくり、エリアマネジメント、エリアイノベーション(リノベーション)、TMO、まちづくり会社等々、ほとんど形骸化もしくは矮小化されてますからね。新制度の導入を検討するにあたっては,取りあえず、旧中活法のスキームを再確認することが必要です。

適切な計画無くしてマネジメントの成功はあり得ない。
これまで作成された中心市街地活性化基本計画は「計画まがい」でした。
目的・目標茫漠、数値目標は達成したら難易がどうなる、というストー利も無い、当てずっぽうの数字。見直しのいい機会ですね。

とはいうものの、従来の取り組みは界隈の総力を結集した取り組みと言えないことも無いわけで、とするならば、これから構築するタウンマネジメントも相当厳しいことになりそうです。プランナーもコンサルタントもしょうねを入れ替えて頑張ってもらうことになりますが、マネジメント出来ますかね。

我々が見るところ、〈コミュニティモールプロジェクト〉レベル以上の計画を持っている商店街ー中心市街地だけが新設の財政制度を活用して街を活性化することが出来ます。計画が革新されなければ,〈お金の出所〉が変わるだけ、効果のほどはこれまで通りですね。

 なお、我々が提唱している〈コミュニティモールプロジェクト〉は新しい制度と極めて良くマッチすると思います。
新制度を加えた〈構想・改定版〉を近日アップします。

 あらためてプロジェクト導入を検討されることをお奨めします。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ