FC2ブログ

承前 進歩しない活性化にどう対応すべきか

関係者=商店街活性化の関係各方面でこの傾向があるわけですから、いつまで経っても状況が変わらない。
総務省が中心市街地活性化の進展状況について厳しく批判し、目標を達成出来ない原因を究明することを求めましたが、原因解明は行われていない。

今すぐ業績の向上好転が必要な商店街・個店は、行政方面の変化を待っているわけにはいきません。そちらにはそちらの事情があり、おいそれと方向転換は難しい。
この状況で商店街は何をなすべきか?
考えてみるべきです。

大事なことは、「危機感」では無く「機会感」を共有すること。危機感の度合いは個店によって違うし、個店レベルのことをみんなで話すのはタブーというのが商店街風土。

ここから脱出するには「繁盛への道」を体験する以外に方法は無い。これを提案しているのが当社の「キラリ輝く繁盛店づくり」です。
取り組むと客数・客単価が目に見えて向上する。
一緒に取り組む仲間の店でも同じことが起きている。
という経験を共有して初めて商売の話が出来るようになる。
自分の店、仲間の店、取り組みに参加していない隣の店のこと、商店街全体のこと、取引先(メーカー、問屋の将来性)等々が自店の将来を左右する問題として考えざるを得ないことが理解される。理解すると行動が変わる。

と言うことで、まずは「売れる売り場の作り方」を学び、実践することが出来るかどうか。
商店街の命運はここに掛かっています。

キラリがと中断している商店街は、「補助金の切れ目がキラリの切れ目」になったから。補助金を続ける方法を考えなかったこと、その前に「キラリ」が商店街活性化にしめる位置、商店街が自店の持続可能性にしめる位置についての理解が不足していたことが原因。

これからのキラリは、コミュニティモールプロジェクトを推進するエンジンとしての役割ですから、他の事業との連関・協働を確立しながらの取り組みになります。
もちろん当社の指導支援は不可欠。

と言うことで。
活性化が始まって以来、理論・技術の進歩がほとんどないところに,競争環境は大きく変化しさらに変化が続いています。
一方商店街活性化に取り組む関係各方面は前述のとおりの状況ですから、商店街の皆さんが「自店の繁盛の基盤としての商店街活性化」を目指すなら、「売れる売り場づくり」から着手する他に有効な方法は無いと思います。

我々が提唱する「コミュニティモールプロジェクト」は先行事例で効果が実証されている「キラリ輝く繁盛店づくり」に商店街活性化が軌道に乗るまで継続して取り組む方法です。
そのために、プロジェクトの内容を検討する段階から行政・商工会議所など関係方面との協働で取り組みます。

活性化を取りまく問題状況、秘帳な取り組みを合わせて考えれば次の一手は「決まり」では無いでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ