FC2ブログ

企業理念と経営技術

セブンイレブンの個店などを見て回ってあらためて感じることは、これからの個店経営は、企業理念の確立と経営技術の再構築が課題になっているということです。

チェーン業界では「個店経営」が流行していますが、これを単純に意志決定権を個店段位に大幅に委譲する、品ぞろえについて「地域密着」を実現するには必然的にそうせざるを得ない、というレベルで実行するとガバナンスが崩壊します。
セブンイレブンが個店経営のモデルと言われるのは、経営技術の共有があるからです。

個店段階に裁量権を委譲するにあたっては、異常に先立って、企業(グループ)理念の共有と経営技術の再構築が不可欠です。
「個店経営」を誤解して採用したチェーン企業からはやがて混乱が報告されることでしょう。

個店経営、言うまでも無く商店街立地の地場小売業のほとんどが個店経営です。標的顧客相、立地、店舗形態を定め、その上に商品構成・提供方法・提供空間を編成し、運用する。その一部始終を経営者が自らの責任と能力で取り組まなければならない。

基本になるのが企業理念と経営技術。
この二つを確立することは、従来とは比較にならない重要な課題になっています。

まず企業理念について。
営利企業に共通する目的は、「存続すること」です。
それぞれの企業には固有の目的が有って当然ですが、目的を達成するためには、従業員、顧客をはじめ利害関係者(それぞれ固有の目的を達成する手段としてと企業と関係を持っている)の企業に対する期待に応えなければならない。
そのためには企業は存続しなければならない。
「企業固有の目的達成←関係者の期待に応える←存続しないと応えられない」ということです。

営利企業は、その「存続」に始まる目的を達成するために必要なコストの原資を営利活動で創出します。
営利事業とは、「売買差益を得ることを目的に商品を売買すること」です。企業の目的は売買差益を得ることではありません。売買差益は企業の存在目的を達成するための手段ですね。
そして、企業の目的達成は企業の存続あって始めて実現すること、存続するためには売買差益を確保し、それを原資に存続するために必要な支出をすること。なかでも関係者の企業に対する期待に応えることは重要な課題です。
大事なことなので繰り返しましたが、以上は、企業がどのような理念を掲げようとも、必ずその根底に措いておかなければいけないことです。

企業理念が理念として関係者に共有されるためには、その根底に根本理念として「関係者の期待に応える」ということが銘記されていなければならない。
経営理念が関係者の企業活動に関する行動の規範となるのはその理念が自ら評価し、支持し、維持することに意義を認めるから、という関係を構築しなければならない。

経営理念は国で言えば憲法ですから、経営のあり方を規定します。

経営技術について

企業にとって経営とは企業を存続するために必要な活動を計画し、実行過程を統制し、結果を批判する、という三段階に区分される作業です。
この作業を効果効率的に行うのが経営技術の役割。
三段階のそれぞれを効果的に行うには優れた経営技術を活用することが必要です。特に現在のように経済社会が大きな転換期の最中にある時代には、変化に対応して企業を存続させるために必要な対抗策を講じる上で優れた技術を確保することは重油な課題です。

ここは特に、営利活動、それも小売業の経営技術、とりわけ「店づくり」段階の技術について考えることにします。

一般に営利事業は、「企業が提供する商品・サービスを問題解決の手段として選択した顧客の問題解決に貢献すること」と定義することが出来ます。

小売業の場合は、
「生活を作りあげる」という問題の解決に必要な商品サービスを提供する、ことが事業機会です。
企業は存続するためには、事業機会を構築し、維持しなければならない。即ち、売場を作り、維持し続けなければならない。
売場を作り維持するためには技術が様々な技術が必要ですが総称して「店づくり技術」と呼ぶことにします。

店づくりとは、企業(個店)が、①標的とする顧客相を定めた上で決定する、「品ぞろえ・提供方法・売り場空間・Beyond」の総称です。
「店づくり」は標的顧客相がその生活における問題解決に手段を提供することを目的に作られます。
店(狭義には売り場)は、お客の問題解決に適切な手段を提供することでお客の生活に貢献すること、が存在理由です。

(続)

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ