FC2ブログ

アウガが象徴「理論無き活性化」の行方

中心市街地活性化基本計画、富山市とともに認定第一号として有名な青森市中心市街地の活性化を牽引するはずの複合商業施設アウガは、華々しかった開設から廃業した今日まで様々なニュースを提供しています。(添付参照)

アウガだけではありません。
アウガはオープンと同時に「中心市街地活性化の方向と方法としての成功事例」ともてはやされ、全国から視察が押し寄せました。 多くの都市で「中心市街地活性化を牽引する」という位置づけでアウガと良く似た施設が建設され、そしてそのほとんどがアウガと良く似た経緯を辿って低迷―廃業に追い込まれています。
つまり、中心市街地活性化のアウガ的アプローチは《失敗への道》だったのです。
にも関わらず、今でも「アウガ方式」を採用しようとしている中心市街地がみられます。その多くは自分たちがアウガと同じような思考のもと、同じ轍を踏みつつあることに気づいていないようです。
このままではさらにアウガの轍を踏む都市―中心市街地が増えることになるでしょう。

ここであらためてアウガの失敗の経緯を辿り、教訓を得ることは前項の中心市街地活性化の取組にとって参考になることが多いと思います。

アウガは何故失敗したのでしょうか?
その前にアウガの失敗とはどのような失敗なのか?

1.都心型商業施設としてのコンセプトを適切に定めないまま開設、計画を大幅に下回る業績で迷走、廃業した
2.中心市街地の集客核としての機能を果たせず、集客効果が無かった
3.商店街は核の集客頼みで売り場の改革は手つかず、空洞化の進展は止まらなかった。

アウガ本体の経営については様々な改善策が講じられたようですが、コンセプト無しで作られた商業施設が手直しレベルの施策で活性化出来るわけはありません。結局ずるずると深みにはまって最後を迎えました。
中心市街地活性化を牽引するはずの戦略的計画が頓挫したので、中心市街地活性か全体が大きく停滞することになりました。このようなケースはけして珍しくありません。

TMOのモデルとなった佐賀市のエスプラッツをはじめ同様の趣旨で開設された商業施設のほとんどが同じ轍を踏んでいなす。

アウガはなぜ失敗したのか、その原因はどこにあったか?

従来から取り組まれて来た、そして今なお継続している商店街活性化の取組には、実は共通する三つの大きな欠陥があるのです。

商店街活性化の三大欠陥
1.「活性化」を定義していない
2.個店売場の改革に着手しない
3.商業の勉強をしない・・・商業理論の不在
番外:三大欠陥に未だに気づかない。

活性化とは商店街がどうなることか、定義して取り組んでいる例は極めて少ない。さらに『商業集積としての再構築』という正しい定義をしている例はおそらく五指に満たないのでは無いでしょうか。

さらに、究極、ショッピング目的の来街客が目的を果たすために必ず訪れる個店の売り場の改革については、ほとんど手が着けられていない。まちゼミなど個店の売り場を舞台に取り組まれる来店訴求イベントも『売り場の改革』はスルーしたまま取り組まれています。
お客にとっては、改善改革された『来街目的』=個店売り場は全く提供されていないことになります。
せっかく整備した核店舗もその内容はショッピングモール時代に広域圏のお客をモールを横目に中心市街地まで吸引するような業容を構築していない。
「核店舗」はこれを目当てに、ショッピングモールなどを横目に見ながら、アクセス不便な中心市街地まで来てくれる、という強力な来店目的を提供することが使命ですが、そういう機能を備えた再開発ビルは一個もありません。

どうしてこういうことになっているのか?
活性化の定義が出来ないのも個店売場の改革が着手出来ないのも、「核店舗」が失敗するのも、もとはといえば、活性化の取組に不可欠な「商業理論」が装備されていないからです。
郊外型商業集積と共存―棲み分け可能な商店街を再構築するには、相手を十分理解し、真っ正面からぶつからない、それでいて魅力のある街に変わって行くことが必要です。
そのためには、敵を知り己を知ったうえで、己が進むべき道を構想しなければならない。
本来、活性化の計画はそうした構想に基づいて作られているべきですが、残念ながら既存の計画のほとんどがそういう手順を踏んで作られていません。

「商業理論と技術」を持たずに商店街を活性化することは出来ません。
しかし、どこの中心市街地活性化基本計画にも「商業理論と技術の修得」のための事業は全く計画されていません。
計画作成に参加し、指導しているはずの学識経験者さんたも理論の必要性、勉強の必要性をまったく言いません。
聞いたことがありますか?
こういう実状のもとでは、いくら時間とお金を掛け、人を動員して「活性化事業」に取り組んでも成功することはありません。

さらに。
三つの欠陥があるために成功しない商店街活性化ですが、もう一つ大きな原因がありまして、
上述のとおり、取り組んでいる皆さんが『三つの欠陥』に気づいていない
ということです。

どうして気づかないのか?
考えて見てください.

それにしても。
莫大な費用と時間を費やして全国の都市で取り組まれている中心市街地・商店街活性化ですが、成功するために不可欠である「商業理論」を欠いたまま取り組まれている、というのはまさしく「現代のミステリー」ではないでしょうか。
このままでよいはずはなく、大きな改革が必要ですが、あなたの立場で何が出来ますか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ