FC2ブログ

商店街リーダーさんの責務

非常時における組織のリーダーの役割は組織の持続可能性を維持し、あるいは再構築するために必要な行動が向かうべき方向と目標を示し、取り組みを組織することです。

商店街の現状はまさしく「非常事態」です。
非常事態であるとする理由は、
1.商店街の多くの店舗が業種異業態を問わず慢性的な業績不振に陥っており、脱出する方法が見出されないこと。
さらに、
2.これまで活性化事業として取り組んで来たソフト・ハードの各種事業がほとんど活性化の実現に効果を挙げられなかったこと。

つまり、商店街を形成している各個店は業績が弟妹しており先行きが極めて不安定であり、この状況から脱出することを目的に取り組んで来た従来の「商店街活性化事業」はほとんど効果を挙げることが出来ずに今日に至っている、ということですね。

この状態が続けば、店主の高齢化と相まって廃業する店があいつぎ、商店街は消滅する可能性が否定出来ません。
そのことが地域社会・経済にとって何を意味するかは、これまでこれまで多くのページを費やして明らかにしてきたところです。地方都市が存続するためには、所得が域内を循環する字組みを再建することが不可欠、そのためには地場小売業が集積する商店街の活性化―商業集積としての持続可能性を再構築することが喫緊の課題であることは、当ページご愛顧頂いている皆さんには共通の認識だと思います。

問題は、従来の取り組みの挫折を踏まえて、本当に商店街を活性化する―立地する各個店の繁昌を実現する取組をどう組み立てるか、ということです。
そのためには、従来の取り組みは何故活性化に失敗してきたのか、その原因を突き止め同じ轍を踏まない取り組みを構築しなければならない。

これまでの取り組みは何故活性化を実現出来なかったか?
その理由はハッキリしています。

第一に、商店街活性化とは商店街にどのような状況が生まれることを意味するのか、誰も定義していないこと。

第二に、活性化の定義を共有しないまま、世間で「活性化事業」として取り組まれている事業に吟味もせずに取り組んだこと。

この二つが原因で、貴重な時間とお金を費やして取り組んで来た事業が成果を挙げられず、個店―商店街の持続可能性を再構築擦る、という目的は達成される可能性を失いつつあるといってか過言ではありません。

このような状況に直面している商店街のリーダーさんは、何をなすべきか?

1.「商店街活性化」をきちんと理解し、ぶれないこと

2.活性化を実現する方向と方法を決定し、ぶれないこと

3.各種事業に取り組むにあたっては、「活性化実現の方向と方法」を導きに取り組む事業を選択し、かつその内容を企画すること

さしあたり、この三項目を厳守することが必要です。

それぞれ説明します。

1.商店街活性化とは:
 言うまでも無く商店街が商業集積としての 持続可能性を取り戻すこと。

2.活性化実現の方向と方法

(1)方 向
  広域圏に多数立地している各種の商業施設群と「棲み分け」が可能な商業集積としてのポジションを発見し、コンセプトとして設定、その実現にむけて必要な事業に計画的に取り組むことが不可欠です。

(2)方 法
  商店街既存の各個店の自助努力による繁盛実現を組織的に推進すること
  ①「売れる売り場づくり」を商店街の事業として推進すること。
   そのためには「売れる売る売り場づくり」を実現する理論と技術を商店街に導入すること。

  ②全体としての取り組みを牽引していく事業を選定、推進すること。

  ③繁盛店=「売れる売り場」を点から線、線から面へ展開していくこと、

  ④テナントミックス=空地空店舗を利用してコンセプトを実現する「店揃え・売り場揃えの最適化」に取り組むこと。

3.商店街活性化に必要な事業はソフト・ハード両面にわたっていろいろ必要ですが、単発一過性の事業として取り組んだのでは効果を蓄積することが出来ません。「コンセプトの実現」という各種事業に対する「一体的推進の目標」を掲げることが喫緊の課題です。
一体的推進の目標は、ぼんやりした「賑わい創出」や「通行量増加」では無く、個店―商店街の自助努力で実現し、その成果を享受出来るレベルで作成すること。
一言でいえば、《商業集積としてのコンセプト》です。

 これまでの活性化事業が効果を挙げられなかったのは、それぞれ単発・一過性の事業として取り組まれて来たから。今後は上位目標である「商店街を商業集積として再構築する」という上位目標を実現するための下位事業として各種の具体的な事業を位置づけて取り組むことが不可欠です。
そのためには、上位目標である《商業集積として(実現を目指す)コンセプト》を大至急獲得しなければならない。
そしてすべての取り組みがこの《コンセプト》を実現するための取組として、相互に関連をもって取り組んでいく、事業に取り組む度にその成果が《個店の売上・顧客の増加》として実現することを絶対条件として企画されなければならない。

 商店街活性化の取組が掲げるべきコンセプトとは何か?
それはもちろん「商業集積としてのあり方」ですが、これは自分たちの希望で適当に決定できるものではありません。
その条件とは:
1.広域圏に多数展開している各種の商業施設と《棲み分け》が可能なこと
2.個店・組合の自助努力中心の取り組みで実現可能なこと
この条件を満たすコンセプト=目標であることが必要です。

われわれが提案する《コンセプト》は、
《コミュニティモール》
です。
コミュニティモールについては、明日説明します。
今日は、まず、商店街を活性化するには「商業集積としての再構築」を目指さなければならないことを確認していただくこと。
これは今後絶対にぶれないことが肝要です。

続きは明日。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ