FC2ブログ

商業理論は不要ですか

中活法のスキームで商店街活性化の方向と方法を提唱しているのは、関係者数多ある中で唯一我々だけですね。その証拠にわれわれ以外誰も「商店街活性化には商業理論が不可欠」と主張していない。中活法のはるか以前、商店街活性化が取り組まれるようになってから今日まで、商店街を活性化したいなら商業理論を学ぶべきだといっているのは我々だけ。

商店街を活性化したい、と思ったらイの一番に考えなければならないことは、郊外に展開している多種多様な商業施設群との関係をどう捉えるのか、ということ。関係を決めるには前置としてそもそも郊外型商業施設群はそれぞれどのような消費購買行動に対応するフォーンマットなのか、ということを理解しなければならない。競争するにも棲み分けるにも「相手は何ものか」ということがわからなければ手の打ちようがありません。

活性化する、と言いながら活性化するために変化しなければならない方向と方法が分からない。そうすると、変化は出来ないので変化しないで済む方法しか取り組めない。
その結果、活性化出来るかどうかは不問、活性化の取組と称して変化せずに済む方法が採用される。

取り組まれているのは、通行量増加、空店舗解消、まちゼミ、一店一品、100円商店街等々すべて「変わらすに済ませる方法」ばかり。これでは郊外型商業施設との関係を自主的に決定することは出来ません。取り組みはあたかも広域商圏に商店街以外に商業施設は一個も存在しないかのように「変わらずに済ませる法」が取り組まれている。

「変わらずに済ませる法」で変わらなければ対応出来ない環境変化に対応しているつもりですから、いくら取り組んでも効果が得られるはずが無い。総務省レビューで効果が発現している基本計画は皆無、と総括されるのも当然ですね。
学識経験者、指導者も「商業理論の必要」は一切言いません。
商業理論を持たずに中活法に基づく商店街活性化の方向と方法を構築することは出来ませんので。

関係各方面から理論武装についての提案が無い中で、本当に自分たちの商店街を活性化したい執行部、リーダーさんは自発的に商業理論を修得しなければならない。
その機会をどう確保するのか、という問題があることを理解しているリーダーは少ないでしょうね。
活性化に使える時間は残り少な、早く思い立たないと間に合わないかも、です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ