FC2ブログ

商店街活性化の常套レトリック

“こうした商店街を取り巻く環境の変化に対応し、地域に求められる商店街であり続けるためには、商店街自身も変化していく必要があると考えられる”

誰もがいつかどこかで読んだことのある一文ですね。
商店街関係の調査や勧告、報告書、計画書には必ず出てくる決まり文句。
当たり前すぎてつい読み流すところですが、よく見ると・・・。

「商店街自身も変化する必要がある」と書かれていますね。
しかし、この書き方では「どう変わるべきか」、「どうすれば変われるか」という方向にはつながっていきませんね。
「変化していく必要がある」こと、現状のままではいけないことは何十年も前から分かりきっていることですが、問題はどう変わったらよいのか分からない、ということです。

このままではいけない、しかし、どう変わったら良いのか分からない。仕方が無いから取組は、通行量を増やす、空店舗を利用する、まちゼミ、100円商店街等々、「変わらずに済む方法」ばかり取り組まれている。
これが現実ですね。

冒頭の文章は、今年取り組まれた経済産業省「商店街政策の新たな在り方検討会」の中間報告書から引用したものです。
こういう言葉が当然の様に書き込まれるというところに、商店街活性化のまったく展望の無い現状が現れています。
何十年も活性化に取り組んできた今日に於いて、こういう常套句がしゃあしゃあと使われる、と言うところに商店街活性化が一向に実現できない根本原因があるのではないか?

くだんの検討会議には学識系経験者、指導専門家、商店街のリーダーなどが招聘されて4,5回議論を行った結果が中間報告としてまとめられたものですが、今ごろ、「商店街自身も変化して行く必要があると考えられる」という認識とは如何なものか。

問題は「変わる必要」を認識することでは無く、どう変われば良いのか、その方向と方法が分からない、ということですね。
繰り返しますが、どう変われば良いか分からないから、変わらずに済む事業しか取り組めない、ということかも知れません。
変化が必要な時期に変化しなくても取り組める事業にばかり取り組んでいるのですから、そら、活性化出来ないのも無理はない、ということくらいは思い当たって欲しいものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ