FC2ブログ

商店街活性化、商学方面の貢献は?

大店法・商況当時から現在まで、商学、経済学の学者、研究者多(以下学識経験者略して「学経」)多数が商店街活性化に参画しています。

彼らは今日までにどのように貢献してきたでしょうか? 
当時と現在、商店街活性化の取り組みはどう進歩しているか?
進歩しているとすれば、その進歩に学経はどう貢献してきたか?

取り組みは進歩していないし、学経は取り組みの改善にほとんど貢献していません。
とんでもないことです。

活性化実現の方向と方法を示すどころか、「勉強の必要=理論と技術の修得の必要」すら助言しない。
一体何のために参加しているのか?

中には,現場で活性化に取り組んでいる商業者の姿に感動した、とか、勉強になった、などと平気で表出するものまでいる始末。感動するのは勝手ですが、折角の取組が結果を出せないことについての原因究明はしなくてもよいのか?

せめて、『今までのような取り組みでは活性化出来ない』という警鐘は打てるのではないか?

駄目ですね。

いろいろ本は書かれていますが、そのほとんどは『先進事例』と言われている商店街のルポルタージュの域を出ていない。
自分たちが日ごろ研究しているはずの商業理論を駆使した提案など全く無い。

いろいろチェックして見ましたが、異エイエム時の商店街活性化に役立つ提案が書かれている本はありませんね。
だからといって『理論は役に立たない』と言うことではありませんし、理論無しで活性化が実現できるわけでも無い。

理論と技術を身につけないと商店街の商業集積としての再建は出来ません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ