FC2ブログ

コンセプト主導の商店街活性化

これまでの活性化に欠けていたのは、各種活性化事業の実施で実現を目指す「一体的推進の目標」です。
ソフト・ハード両面にわたる各種事業はそれぞれ固有の目的を持って企画されますが、それらの事業群には上位目的が明確に定められていることが必要ですが、これまでほとんど意識されていません。

漠然と「①通行量の増加―②個店の顧客増加―③商店街全体の活性化」というシナリオが頭の中で描かれているだけ、シナリオが具体化するにはそれぞれのプロセスで何をなすべきか、それぞれの事業はどういう工夫が必要か、と言ったところにはほとんど意識しないまま事業が取り組まれて来ました。

①を②につなげるには何が必要か、さらにそれを最終目的である③に結び付けるには、全段階はどのように取り組まれなければならないか?という着意が欠けていました。
これではいくら事業を繰り返したも成果が蓄積されないのは当然です。

商店街活性化の取り組みで不可欠の「一体的推進の目標」とは何か?
それは「商業集積としてのコンセプト」です。
商業集積としての存在価値=「誰が何のために利用する商業集積か」をハッキリ定め、「店揃え(テナントミックス)、サービスミックス、環境整備」という商業集積を構成する基本三点セットをコンセプトを導きとして三位一体で構築する。

商店街活性化にとって最上位となる目的ですが、ご承知のとおり、これまでの取組ではこの最上位目的が無視されていました。
すべての事業がこの上位目的の実現を担って企画され、取り組まないと商店街を活性化することは出来ません。

商店街のコンセプト。
もの余り・店あまり時代、広域で商業集積間競争が熾烈に展開されているとき、他の商業施設群を横目に見ながらわざわざ商店街にショッピング目的で出かけて来てもらうわけですが、そのためにはターゲットとなる客相をさだめ、標的客相にとって最適のショッピングの場を構築提供しなければならない。

すべての活性化事業は固有の目的を果たすと同時に最上位目的であるコンセプトの実現に貢献しなければならない。個別事業の内容は、個別の目的を果たすとともにコンセプトの実現医貢献する質をもって企画することが肝要です。
当たり前のことですが、これまでこのようなことが商店街活性化界隈で問題視されたことはありませんでした。

言うまでも無く、我々が提唱する「コミュニティモール」は、商店街活性化史上初めてw、「コンセプト主導の商店街活性化」を目指すものです。
この「乗り物」に乗るか見送るか、後継の乗り物はありません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ