FC2ブログ

一体的推進の目標

国が支援する商店街活性化の基本となる枠組みは『中心市街地活性化法(以下『中活法)』です。中活法における中心市街地とは都市の中心部のことではなく、都市中心部の衰退が危ぶまれる商業街区のことです。従って、中心市街地活性化とは商業街区の活性化、商店街群の商業集積としての持続可能性を再構築することです。
時々『コンパクトシティを目指す』的な計画を見かけますがとんでもない間違い。中活法のスキームにそういう力はありません。
中心市街地活性化。
1.市街地の整備改善、2.都市福利施設の整備、3.居住施設の整備、4.経済活力の向上 という4つの事業分野の取り組みで実現を目指す「一体的推進の目標」は何でしょうか?
ここは抽象的な「賑わい創出」や「歩いて暮らせる街」では無く、ずばり「商業集積としての再構築」でないと施策がぼやけます。中活法のスキームでは、「商店街群を一個のショッピングモールに見立てて再構築する」と書かれていますが、自分の眼で確認している人は極めて少ない。
ここに、ショッピングモールとは「コンセプトに基づいてテナントミックスを計画的に構築し、運用している商業集積」程度に理解しておけば十分です。
従って、以下では「商業集積」で通します。
商業集積間競争が常態化している中で、商店街が商業街区として存続するためには、広域の集積間競争の実態を判断し、将来にわたって存続可能な「商業集積としてのあり方」を決定し、現状からその「あり方」への移行を計画しなければならない。
この移行計画こそが「中心市街地活性化基本計画」の根幹です。このことを理解している関係者は極めて稀ですが。
この商業集積としての「あり方」を実現することが各種事業及び措置を一体的に推進して実現を目指す「一体的推進の目標」なのです。このことが分かっていないと、マンションを建てる、コミュニティ施設を建てる、各店舗を誘致する、空店舗を活用する、各種イベントに取り組む等々の事業が担う上位目標が曖昧で、個別の事業それ自体が目的と化してしまう。
所期の目標を達成出来なくても、事業にjと陸むという目的は達成したし、済んだ後で反省しても仕方が無い、と言うことで済ませてしまい、同じレベルの次の事業を物色する・・・。
商店街―中心市街地活性化は何故成功しないのか?
成功するような取り組みになっていないから、ですね。
成功事例と言われている取り組みもほとんどすべて上位目標である「商業集積としての再構築」に結びついている成功ではありません。
一体的素真の目標、今現在、提案されているのは我々の「コミュニティモール」だけ、他には一個も提案されていません。
「一体的推進の目標」を持たないまま、各種事業に適当に取り組んでいれば、そのうち商店街は活性化出来る、ということはありません。
「通行量の増大」を掲げて居住人口の増大、来街目的の新設などに取り組んでも商店街の活性化の実現はもちろん、通行量の増大さえ実現出来ないことは全国各地の取り組みで実証されています。
わざわざあなたの商店街であらためて確かめる必要はない。
「一体的推進の目標」を掲げずに商店街を活性化することは出来ません。できると言う人は、自分で「目標無しで活性化を実現する方法」を考えて見てください。
☆「まちゼミ」は商店街活性化の決め手となり得るか?
近日、松井洋一郎氏の雑誌論文をネタに考えます。
乞うご期待。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ