FC2ブログ

中心市街地とはどこのことか

いろいろ考え方があると思いますが、国が制定したスキーム『中心市街地活性化法(以下『中活法』)で活性化に取り組まれている中心市街地は、同法できちんと定義されています。
(中心市街地)
第二条 この法律による措置は、都市の中心の市街地であって、次に掲げる要件に該当するもの(以下「中心市街地」という。)について講じられるものとする。
一 当該市街地に、相当数の小売商業者が集積し、及び都市機能が相当程度集積しており、その存在している市町村の中心としての役割を果たしている市街地であること。
二 当該市街地の土地利用及び商業活動の状況等からみて、機能的な都市活動の確保又は経済活力の維持に支障を生じ、又は生ずるおそれがあると認められる市街地であること。
三 当該市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上を総合的かつ一体的に推進することが、当該市街地の存在する市町村及びその周辺の地域の発展にとって有効かつ適切であると認められること。
 ちなみに、一号は集積要件、二号は趨勢要件、三号は波及要件と呼ばれます。
 中新市街とは、①小売商業者多数が集積し、②商業活動の状況から見て経済活力の維持が課題になっている・都市の中心の市街地のことであって、漠然とした「都市の中心の市街地」でも無ければ、今現在もっとも商業活動を中心に担っている地区のことでも無い、ということは関係者の間で共有しておかないといけません。特に「中心市街地における経済活力の向上」という使命を担っているのは小売・サービス業者、とりわけ地場特立自営中小小売・サービス業であることは、取り組みの大前提ですから、キモに銘じておくこと。
 さらに『中活法』の目的である「経済活力の向上」の実現は、当該中心市街地の活性化=計画的商業集積としての再構築によって達成されること、取り組みの中核となるのは「業種揃え店揃えの最適化」すなわち郊外型商業集積と棲み分け可能な商業集積としてのあり方を発見し、『店揃え・品ぞろえの最適化』の取り組みでそれを実現する取り組みであることは、絶対に踏み外していけない基軸ですが、どう言うわけか、関係各方面、学識経験者、シンクタンクからコンサルタントまでもの見事にスルーしている、というのが現状です。
中活法的中心市街地活性化が実現できない、総務省の行政評価で取り組みの効果が発現されていない、と酷評されるのは当然と言えば当然ですが、原因剔抉は総務省も出来ていません。
その根本原因は、指導にあたる商業理論が提供されていないことですが、この、誰にでも指摘出来る根本原因を見て見ぬぬふぃりをして取り組まれているのが商店街―中心市街地活性化の現状。学識検車の責任は重大ですが、そうは思っていないようですから、活性化出来ないと困る人は、立場はなんであれ、自力で所要の理論・技術を獲得しなければならない。
いよいよ、このことを取り組みのまっ正面に据えなければいけない時期になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ