FC2ブログ

活性化への筋道を示せない基本計画

 そもそも、 
中心市街地の空洞化はどうして発生したのか?
なぜ、都市の非・中心市街地に優先して活性化に取り組まなければならない?
中心市街地が活性化されると言うことは、中心市街地の何がどうなることなのか?
 といった極々基本的なことについて、共通の理解もないまま、法律が出来たからこれを利用して取り組もう、ということだけで着手された「面としての活性化」ですが、出来上がってみたら、
「活性化実現の方向と方法」
を示すという計画の生命線が全く見えていない基本計画がほとんどです。

 各地の基本計画、もちろんさまざまな事業が計画されていますが、それら個々の事業が「上位目的である中心市街地活性化」にどう貢献するのか、貢献するためににはどのような事業と相携えて取り組まなければならないか、といったシナリオは全くないまま、個別の事業が計画されている。とりわけ致命的ともいえるのは書店主・商店街の自助努力をどう計画に組み込み、各種事業と連携させていくのか、という肝心カナメのところがスッポ抜け落ちています。
これでは買い物の場「シャッターの内側」の改革は個店任せということになる。いうまでもなく、個店にそういう力量があれば商店街の活性化が都市経営上の重大問題になることは無かったわけですね。

 象徴的な事例がありまして、『基本計画』に記載されていた大型プロジェクトの整備があらかた終了したところで、優秀なタウンマネージャーさんが“後は商店街の仕事”といって退職しした、ということです。
奇妙な話でありまして、大型プロジェクトはたとえプロジェクトとしては成功したとしてもそれだけでは不十分、中心市街地活性化を推進していく上での「牽引車」でなければならないはずです。
 
 ところが、『基本計画』には全体としての活性化のシナリオ、なかでも商店街の自助努力とプロジェクトの協働などといった仕掛けはほとんどない、というのが実状ですから、マネージャーさん、基本計画所載の事業の推進が中心市街地活性化実現の「カナメ」である商店街・商業者の自助努力と連動していない、連動どころか自助努力は見えないじゃないか、ということで辞任なさったのかなぁ、という感じですね。

 もちろん、タウンマネージャーさんの仕事は、商業者・その組織を『基本計画』が示す方向と方法に向けて「その気にさせる」ことが最大の任務ですが、残念ながら展開はそうはならなかった、ということですね。展開以前にそもそもそういう位置づけがされてなかった、大型プロジェクトの推進がTMOの主要任務という位置づけだったのでしょう。

 タウンマネージャーさんの位置づけ・役割については、このところしっかり書いていますので、あちこち目配りをお願いします。
いつも申しあげているように、タウンマネージャーの任務と職能要件は『基本計画』TMOの項にしっかり書き込んでおくべきです。

 思わずマネージャーさんの話になってしまいましたが、マネージャーさんには『基本計画』作成段階から参画してもらい、計画の内容について十分理解してもらう、場合によっては彼の意見を採用する、ということは当然のことです。

 さて、標題ですが、
「活性化の筋道を示せない基本計画」を作ったのでは、もちろん、商業者がその気になって自助努力を結集する、という条件を作り出すことは出来ません。それどころかカネやタイコで招聘した腕利きのマネージャーさんにも“頃合い”で退出されてしまうことになりかねません。

 中心市街地所在の商業機能、商店街活性化のシナリオとしての『基本計画』という視点、重々考えてみてください。


この情報、普及の価値あり、と思われたら
ブログランキング 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ