FC2ブログ

ゆめタウン佐賀、イズミは核ではない

 SCといえばそのほとんどが「二核ワンモール」、二核のうち一店はGMSで、もう一核はさまざま、百貨店あり、DSあり、HCありというのが日本型SCの基本です。

 「核」とはなにか?
その集積が対応している消費購買ニーズの基本に一店で対応している、集積への来訪目的となっているのが「核」ですね。
核と異なる消費購買ニーズに対応する業容のテナントは、その集積では経営を維持することが出来ない、というのが集積における「核」のポジションです。

 RSCにおいて今なお「核」と呼ばれ、レイアウト上、その位置を占めているGMSですが、実は既に上記のような意味での「核」としての機能を既に失っています。
にもかかわらず、かって強力な集客力を誇っていた当時と同様、モールのはじっこに位置しているわけですから業績不振に陥るのもムリありません。

 という状況においてゆめタウン佐賀に参加しているGMSイズミは、「核店舗」の伝統的なポジションを放擲、レイアウト図にみられる位置に鎮座したわけです。
「フロアガイド1F、1F」参照

 明らかに従来のSCの常識を逸脱したこの決断は何を意味するのか?

 当社が、佐賀市周辺でのモラージュ、イオン大和、ゆめタウンの三つ巴戦についていちはやく「勝負あり、ゆめタウンの勝ち」と軍配を揚げた理由は、ここにありました。

 ゆめタウン佐賀の「革新性」の秘密、理論創発 で明らかにします。


この情報、普及の価値あり、と思われたら
ブログランキング 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ