FC2ブログ

加上主義原理

商店街活性化の取組の多くは、現在不足していると思われるあれこれを付け足せば商店街は活性化出来る、個店の業績は向上する、という前提のもとで取り組まれています。
現状を変えるのでは無く、通行量、空店舗、コミュニティ施設等々 不足しているもの、無いものを付け足す取り組み、我々は「加上主義」と名づけています。
加上主義の前提になっているのは:
1.基本、現在やっていることに間違いはない。
2.うまくいかないのは何かが不足しているからだ。
3.不足しているものを発見して追加すれば問題は解決する
4.不足を発見するには先行事例をネットで検索すればよい
5.さいわい、補助金も準備されている
ということです。
取り組んだ結果の総括は行われません。
「不足しているもの」を付け加える、という当然のことをしたまでですから反省は無い。
しばらくするとまた新しい「加上」に取り組みます。
今までの加上はそのまま持続する。
個店の取り組みもほとんどが「加上」です。
ノボリ、ポスター、看板、低価ワゴン等々
その結果何が起こるか、についてはまた今度。
結論だけ言っておきますと、
「加上は商売繁盛の敵」
です(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ