FC2ブログ

トップをその気にさせるには

 中心市街地活性化は、新しい都市経営のスタートとなるプロジェクトだという位置づけをして取り組むことが必要です。
このことが理解できるかどうかということに、中心市街地活性化には中心市街地のみならず都市経営そのものの将来がかかっています。
 常連さんにはよく理解されているところですが、問題はこのことを皆さんの都市の首長さんに理解してもらい「その気になってもらう」ことです。

 中心市街地活性化という課題の特徴は、都市みずからが取り組む以外に方策が無く、かつ、良かれ悪しかれその結果は都市が甘受しなければならない、というところにあります。

 直下、昨日書いたように、第三号要件に合致する方向と方法で中心市街地活性化を実現する都市と達成できない都市とでは、都市経営全般に渡って雲泥の差が生じます。

 なんと言っても、これまで全国で取り組まれながら成功事例が出ていない・困難な課題に対して、適切なシナリオを描き、ソフト・ハードの「経営資源」を組織して取り組み、狂瀾を既倒に巡らす、見事、都市の中心性・求心性を回復することに成功すれば、そのことの都市経営上の効能効果には計り知れないものがあります。

 直接的にはもちろん、中心市街地における都市機能の増進・経済活力の向上がもたらす都市住民の生活のいっそうの充実があります。それと同時に、都市の総力を挙げて都市の経営課題に取り組み、解決に成功したことから得られる「都市経営力のレベルアップ」が得られます。
中心市街地活性化への取り組みを通じて、都市自身の努力で獲得するわけですが、もちろん、この経営能力は他の手段で獲得することはできないと思います。

 実現するためには、当社が提唱するレベルでのマーケティングが必要です。
マーケティング、即ち、顧客の目的達成過程への支援を通じて、自分の目標を獲得すること。
そのためには、顧客の問題をよく知り、達成のプロセスで必要な支援を提案して、顧客を「その気にさせる」ことが必要です。
都市経営におけるマーケティングは、まずは、都市が目指す方向とその実現の方法について都市住民を「その気にさせる」こと。

 「交流人口の増大」「知名度アップ」という昔ながらの販売促進もありますが、キモとなるのはまず都市住民をその気にさせること、中心市街地活性化なら商業者をその気にさせること、ですね。
肝心の受け入れ側がその気になっていなければ、「手練手管」はすぐに見透かされますから。

 ということで、今どきの首長さんの第一の仕事は、都市の関係各方面を「その気にさせる」ことだと思います。
トップセールスも結構ですが、肝心の「売り物」がホントに売れるものかどうかというところに問題であり、今どき「知名度が上がればなんとかなる」のは、新しく登場したてのビジネスモデルに限られた話でしょう。
 
 トップがその気になって、関係各方面をその気にさせていく、というプロセスが「都市経営」とりわけ中心市街地活性化という課題にとって必要不可欠ですが、差し迫っている問題は、トップ自身をその気にさせる、という仕事に誰が取り組みのか、ということですね。

 トップに限らず、関係各方面をあらためて「その気にさせる」契機となるのは、商業者が「その気になって」目に見えるカタチで活性化への取り組みを革新すること。
これが実現すれば、トップを「その気にさせる」、これからの都市経営に不可欠である、都市経営全般についての新しい方向と方法について、確信を共有することが出来ます。

 一番手前の課題・今そこにある課題は、商業者・商店街の自助努力を喚起し・組織化する、ということ。
“商業者の自助努力を組織化して、中心市街地の商業機能を再構築するという課題の、都市経営上の戦略性についてあらためて確信を持ち、自助努力の組織化に向けて確実な前進を実現しなければならないときです。
この時期、この仕事に優る優先課題は無いでしょう。

 商業者の自助努力の組織化、表見、きわめて困難なように思われるでしょうが、方向と方法が適切であればそんなに難しいことではないと思います。


この情報、普及の価値あり、と思われたら
ブログランキング 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ