商店街活性化 二つの選択肢

二つの選択肢

A.商店街ごとに取り組んできた販売促進を組織を越えて取り組む。老朽化した施設・設備を整備すること。

B.自然生長して現在に至っている商店街を一個の商業集積に見たてて「店揃え・売り場揃えの最適化」をはじめ、集積として具備すべき条件整備に取り組むこと。

あらためて言うまでも無く、Aは中活法以前の活性化、「中心市街地活性化法」のスキーム、支援施策で取り組むことが期待されたのはBでした。手元に資料がある人は、Bを念頭にスキームを読み直してみましょう。

中活法のスキームによる取り組みが成功しない原因は、B的枠組みでAに取り組んでいるから。
中心市街地活性化基本計画の目標は、「中心市街地・商業街区を買物の場」賭して復活させること。そのためには広域に進出している傷病施設・集積と棲み分けが出来るコンセプトを設定し、店(売れる売り場)揃え、サービスミックス、環境整備等の事業にコンセプト主導で取り組まなければならない。

ところが実際に取り組んでいるのは、BのスキームでAに取り組んでいるのですから、効果が発現するわけが無い。

ちなみにB的推進は難しそうですが、そんなことはありません。当社が提案する「コンビニエンスマート」は現在提案されている唯一のB的取り組みです。
その可能性は、これまで「キラリ」や「核店舗創出事業」「クオールエイド流商人塾」などに取り組まれたみなさんは自店の業績向上によって身をもって経験されているところですね。

ところで。
ここで述べていること。
1.商店街活性化には二つの道があること
2.本当に活性化したければ「商業集積としての再構築」を選択すべき
という二つのことを提案しているのは、マスコミを含む関係各方面に於いて、なんと! 我々だけですね。
これでは我々が言う意味での活性化が実現できないのは無理も無いことですが、一方、Aを選択している皆さんに将来性があるかと言えば、それはどうでしょうか。これまでの所業の成果が何よりも雄弁に物語っていますね。

と言うことで。
我々は長年、「商業集積としての再構築」を提案して来ましたが、このほどあらためて、より具体的に、より取り組みやすい方向と方法として「コンビニエンスマート」を提案しています。

取り組む易く、取り組んだ街、個店はかならず造酒増益を実現することが出来ます。是非取り組みを検討してください。

なお、商業者以外の方で縁あって当ブログを訪問、提案に共鳴していただいた方は、商店街活性化とは商業集積としての再生である、というどこから見てもまっとうな提案の広宣流布についてご協力のくださいますようお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ