商店街再生、リテイルサポートとの協働

 ボランタリーチェーン、特約店制度を持つメーカー、卸売業が取り組むリテイルサポート、小売業の販売促進などを支援します。
対象となる小売店は商店街に立地するものが多く、立地環境の変化、競争の変化、経営者の高齢化など複合的な負の変化の直撃を受けています。ほとんどの業種で取引先の漸減が続いていますが、特に近年顕著になっているのが、経営者の高齢化と後継者不在による廃業が増えること。

 経営が順調なら後継者に不自由することはありませんが、後継者に後を継いでもらいたくても〈経営の持続可能性〉が不安です。
ここに来てリテイルサポートのあり方も大きく変化が見られます。例えば、パナソニックが取り組む事業承継を中心にしたリテイルサポートに携わる1,000名体制の組織を編成したとか。

 大きな問題がありまして、立地する商店街自体が衰退趨勢にあること。商業集積としての集客力・回遊訴求力が乏しく、極論すれば自店のお客は自店の努力で集客出来た分だけ、他店からの買い回り客の来店はほとんど期待出来ない、という状況にある取引先がほとんどだと思います。
この条件を放置したまま、個店レベルの支援だけを続けることで、持続可能な個店経営を実現出来るでしょうか?
大変厳しいと思います。
リテイルサポートは「商店街ぐるみの再生」という上位課題への参入無くして取引先の持続可能性を再構築することは難しいのでは無いか?
 と言うのが我々の率直な見通しです。

 我々は家電、化粧品、種類といった商店街に立地するの典型的な専門店の繁盛店づくりに取り組んでいますが、もはや単独店で繁昌を実現する、持続可能性を再構築する、と言うことが可能な条件は無くなっているのではないか。
〈キラリ輝く繁盛店づくり〉のように、業種業態は異なっても同じ商店街に所属する有志個店が協働で自店の繁盛j―仲間の繁昌―商店街の商業集積としての再生という連携した取り組みを組織しないとせっかくのリテイルサポートの効果が得られないのでは無いか?

 具体的な協働のあり方は不明ですが、関係各方面で知恵を出し合い、取り組みを組織すべき時が来ていると思われます。
されされも前向きの課題の一つとして取組のあり方を考えていきたいと思います。
特に、「コミュニティモール」への協力は見返りも大きいと思います。
関係方面へのアピールも心がけなくては。
あなたもそういう機会がありましたら是非アピールしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ