コンセプト主導の商店街活性化

 広域に於いて〈商業集積間競争〉が当たり前になっている状況で、商店街だけが「集積としてのポジショニング(位置取り)」を無視して漫然と「通行量の増大」をとなえていれば、やがてお客が帰ってくる、ということは絶対にありませんですね。

 商店街が広域で担う「来訪目的」を定義して、各個店の業容がそれを分担する経営努力~街区のショッピングゾーンとしての整備を「来訪目的」をコンセプト主導で漸進的に実現して行く。
中活法・基本方針で言われている【中小小売商業の競争力の根幹=業種揃え・店揃えの最適化】、たしかにそのとおりなのですが実現するにはまず商業集積としてのコンサプトありき。コンセプトが作られていないと【揃える】内容が定まりません。繁盛している店、よそには無い店を集めれば活性化出来る、というものでは無い。
実現を目指す目標としての「商店街のコンセプト」を持たずに各種事業を一体的に推進して活性化を実現する、というのは夢物語です。

 商店街のコンセプトとは、広域商圏において将来にわたって持続可能な商業集積の内容=存在価値の簡潔な表現です。
コンセオプトを作るのも作ったコンセプトを売り場編集で実現して行くのも技術が必要です。端的に言えば、コンセプト=マーケティング、売り場展開=マネジメントです。どちらも専門的なスキルが不可欠ですが、そのことを理解する人は少ないでしょうね。

 商店街活性化を導き得る力を持ったコンセプトを自分たちでつくる、ということは、例えば、スーパーマーケットが登場していない時代にスーパーマーケットのコンセプトを作るという仕事に等しいことですから、思い立っても成功はなかなか難しい。餅は餅屋、専門家に委託することになりますが、「商業集積のコンセプト」のコンセプトを理解した上で作成出来る専門家が果たしているかどうか。当然マネジメントの可能性を見通して作らないといけませんが、そこまで考えるとコンセプチュアライザーは確保しにくいと思います。
商店街の皆さんが思い立って商店街活性化の取り組めば商店街は活性化出来る、という時代では無いと思います。
活性化の困難は目に見えている問題だけが原因では無いですからね。

 商店街活性化=街を一個の商業集積として再生するには、商まず業集積としてのコンセプトを創発しなければならない。
コンセプト=商業集積間競争が激化する一方の商勢圏に於いて、将来にわたって持続可能な商業機能で、かつ自分たちの力量+アルファで実現可能な商業集積の簡潔な表現。
コンセプト不在で取り組む商店街活性化とは、「目的地=どこか素晴らしいとこと」というだけで一人乗りのヨットで大海に乗り出していくようなもの。

 【コンセオプト】は商店街活性化に限らず、【問題解決】に於いて不可欠の概念ですから、しっかり理解しましょう。

※コンビニエンスマートプロジェクトは商店街の商業集積としての再構築を牽引するプロジェクト。目下、都市、組合、企業など関係各方面に向けたプレゼンテーション資料作成中です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ