商店街はコミュニティの担い手

 行政が商店街活性化に取り組む理由はいろいろありますが、なかでも近年強調されているのが、商「店街はコミュニティの担い手」だから、ということですね。
 すなわち、店主さん達は地域のコミュニティ活動の担い手だから、かれらの商売が立地する商店街を持続させなければならない、ということで取り組まれている商店街活性化ですが、いつの間にか、「コミニュティ活動」に引っ張られて、商店街を活性化するにはコミュニティ活動によりいっそう取り組まなければならないという方向に向かっている商店街もあるようです。

 しかし、その前に。
商店街,特に毎日の食材や消耗品を提供する近隣型商店街はその存在自体がコミュニティすなわち近隣地域の「生活基盤の担い手」です。
まず、この機能をしっかり担うことが商店街のコミュニティの担い手としての存続を可能にします。

 特に重要な店舗・売り場は生鮮食料品です。
毎日型のショッピング行き先となる店舗・売り場が歩行範囲内にあることは、これからの住宅地にとって極めて重要な条件です。
近くの商店街には生鮮食料品店、スーパーマーケットなどが揃っていますか? その業容は毎日の買物行き先として満足出来る水準にありますか?

 商店街が「コミュニティの担い手」を自負するなら、第一番目に整備すべき条件は、毎日型の買物行き先が充実していること、です。商店街の空洞化が進むにつれて、この条件は次第に衰えています。そうすると確実に商店街へのショッピング目的の来街者が減り、商店街全体へのマイナスの影響が大きくなります。

 コミュニティの担い手・商店街の活性化は、生鮮食料品店、スーパーマーケット(ミニ・スーパー)の活性化から。
我々は、その取組を「売れる売り場づくり」として支援しています。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ