おなかがすいた

 先日、カンブリア宮殿で紹介された革新的スーパーマーケット「おなかすいた」のご紹介 goo.gl/YLdKyJ
既存の業態で言えばミニスーパーですね。ただし、ミニスーパーと違うのは、スーパーマーケット内にも立地可能であること。
もちろん商店街、住宅地は得意中の得意でしょう。
今日取り上げたのは、商店街立地の食料品店、ミニスーパーの将来、持続可能性の構築に参考になることが多いから。

 これからのミニスーパーは、スーパーマーケットのミニ版、購買行動圏が狭い人を対象にした店舗ではなく、独自にデスティネーション:極論するとマックスバリューとセブンイレブンに挟まれてお客を吸引できる=繁昌する―、という業容を確立することが喫緊の課題です。
そうしないと事業承継が難しい。
ちなみに、「おなかがすいた」は日本で最初の「インディビジュアル・マーケティング」を的手法採用した小売業です。
インディビジュアルマーケティングは、我々が命名した業容開発の手法です。「おなかすいた」さんが採用したと言うことでは無く、同社が独自に開発した「63歳小百合さん」という業態開発手法がインディビジュアルマーケティングとソックリだということです。

 商店街立地のミニスーパー、食料品店に新しい展望が開けました。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ