5年後の商店街の姿を見据えて

 このところ、キラリの取組の合言葉は、このまま進んだとして、5年後の街の様子を想像すると、「今すぐ行動を始めないと間に合わない」ということ。平均年齢も上がり、店舗什器の老朽化も確実に進みます。空店舗の活用も一進一退。
その前に何とか商店街ぐるみで「増収増益体制」を確立しなければならない。

 ポイント事業はさらに厳しい。大手カードとの提携や行政ポイントとの連携といった前向きの話もあるようですが、根本である販促手段としての機能の劣化を放置していたのでは、提携を契機に脱退者が相次ぐことも想定されます。
なんと言っても地元のカードですから地元で上手く活用出来る方法を編み出さなければならない。そのための取組として【売れる売り場づくり】にポイントカード組織の事業として取り組む、という企画も出ています。
参加店、役員の一部から「個店売り場へのてこ入れ」という案はよく出るようですが、体制は岩盤かも(^_^)

このところ、自治体の商店街施策もかっての勢いは無く、相変わらずの空店舗事業が細々と続けられているだけ、というところが多くなっているように感じます。
従来から一貫して取り組まれていないのが、商業集積としての商店街の中核機能である個店の売り場を改革改善する取組。
空店舗活用に使う資金をそのまま売り場の充実に活用すれば、その成果は確実に蓄積され、各個店が繁盛するようになれば空店舗は次第に埋まっていく可能性があるのですが・・・。
あらためて、担当者が2,3年でくるくる変わる人事制度の空虚を感じます。
いつまで経ってもプロの行政マンは育たない。商店街界隈だけでは無いと思いますね。

 既存個店の繁盛=再投資可能性の構築に使える時間は、本当に限られてきました。知恵を絞り、汗をかいて繁昌店づくりに集中しないと後がありません。
ますは今年度中に【売れる売り場】をいくつ実現出来るか。6月スタートするはずの取り組みが遅れているところがあり、【5つの階段】の第一段階を見事クリア出来るかどうか、心配しています。

 商店街はコンエンドどのような事業に取り組むのか、どのような成果を出来るのか、それが5年後の商店街の姿を左右すると言ってけして過言ではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ