中心市街地、活性化出来ない根本原因

 あれこれの施策が効果が無かった、間違っていた、という以前に、そもそも「中心市街地活性化」という問題が的確に理解されていなかった、というのが我々の見解です。
誰が理解していなかったのか?
関係各方面の大多数。
特に、学経、シンクタンク、コンサルタントなど、取組を指導するポジションで動いている人たちの取組に対する理解が誤っていたことが活性化が頓挫している根本原因です。

 多くの論者が漠然と観念している中心市街地と『中心市街地活性化法』に規定されている中心市街地には歴然の差違がある。
中活法的中心市街地とはどこのことか、中心市街地は何故活性化しなければならないのか、理解していない言説が多いことが中心市街地活性化を妨げています。

これは掛け値無し。
1.中活法に規定されている中心市街地は、「都市の中心部」のことではない。2.その活性化が必要な理由は、都市の経済活動において担っている機能の重要性に鑑み、という二つをスルーするとトンデモな話になる。多くの都市の基本計画が不知不覚裡に陥っているところ。

中心市街地活性化法の目的、スキームを理解していない学経、シンクタンク、コンサルタントが参画して作成した基本計画は、所期の目的を果たしうる内容を持っていなかった。これがすべての中心市街地活性化が頓挫している原因。遠因としては藻谷などによるトンデモ言説の流布。

いずれも商業―小売業に関する基礎的な知識を持たないまま、中心市街地活性化を論じ、基本計画の作成に参画する、という暴挙を演じている。悪意有ってのことでは無いが、根幹となる課題について知識を持たないまま、あたかも専門家であるかの如き言動をした、ということ。これは過去形では無いですからね。

この延長上に、中心市街地を一個のショッピングモールに見立てて再構築するプロジェクトのトップであるタウンマネージャーに商業について無知同然の都市計画系やイベント系の専門家を配置する、というミスキャストが頻出している。中心市街地活性化は「成功するわけが無い」という体制になっている。

 たぶん、これから是正されることは無いと思います。
あとは中心商店街、各商店街がそれぞれ時部7ンたちの存続を賭けてどういう取組を構築していくか、というところに掛かっていると思います。中活法のスキームはその基本的な任務果たすことが出来ないままフェイドアウトすることでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ