商店街活性化の謎

 「キラリ輝く繁盛店づくり」「売れる売り場づくり」に取り組む商店街では個店の売り場の改革はもちろん、取り組んでいる個店間の眼に見える連携も同時に始まります。その連携はモールのテナント間のそれとは比較にならない緊密さです。
取り組みの成果はといえば、個店の業績向上、参加店の仲間意識の向上、商業集積としてのあり方の理解など、タウンマネジメントが目指す成果が顕著に現れます。特に【グループ臨店研修】は、他の小売業界ではまず見られない協働で、商店街全体の商業集積としてのレベルアップを目指します。
取り組んでいる皆さんは、「こういう簡単な方法で商店街を活性化出来る方法があるとは、今までまったく知らなかった」と言うことで、自店の繁昌~商店街の活性化に自信を持って取り組むことになります。

 取り組んでいる商店街と取り組まない商店街の差はどこにあるのでしょうか?
いろんな事情を持った商店街で取り組まれており、特に、取り組めない理由、条件は無さそうです。
それでも情報を得ながらそのままスルーしてしまう、取り組まない商店街が多いのは何故か?
謎です。

  もう一つ謎があって、縁あって「キラリ輝く繁盛店づくり」、「売れる売り場づくり」に取り組むとたちまち繁昌する売り場が現れるが、公的支援が途絶えるとたちまち取り組みがしぼんでしまい、元の木阿弥に戻ってしまうこと。事業の発案が行政で、最初から支援を充実させた、いわば至れり尽くせり、「据え膳」状態での取り組みの場合、どんなに効果が挙がっていても、補助金の切れ目が取り組みの切れ目、終焉になってしまう・・・・。例外はありません。

 自店の繁盛、商店街の活性化は、自分が自主的に取り組むことでは無く、公的な支援があって始めて取り組むこと、と習慣づけられているような。
これも不思議。というか、むざむざ繁昌~活性化の道を探り当てたのに放棄してしまうのですから、本当に不思議です。
さらに放棄したあとに取り組まれるのが【まちゼミ】など「三種の神器」とくれば、これまでの取組はまったく理解していなかった、ということで、徒労感しきり。

  今年度の取り組まれている商店街に共通する特徴は、行政や第三者から提供された事業では無く、商店街の内部有志の提案からスタートしていること。
まず、 商店街主催の事業として自分たちで計画した後、利用できる支援制度を探索、活用するというスタイルです。
商店街が文字どおり自主自律の取り組みとして取り組む「売れる売り場づくり」、部外の動きに左右されず【5つの階段】を上りきっていく、商店街活性化のあるべき選択のひとつです。

「5つの階段」については、ブログ内検索でどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ