商店街の協同は「売れる売り場」づくりを指向しよう

  商店街組織の基盤にある理念は、協同ですね。一人は万人のため、万人は一人のため。

  元来、すべて組織の目的は組織に先行して組織の外に有り、組織活動の成果は組織の外に現れなければならない。
商店街組織の目的は、個店の自助努力だけでは十分に対応出来ない環境の変化に対応して各個店の持続に貢献すること、そのために取り組む協同事業に各個店は貢献すること。
商店街組織と各個店は互いに手段であり、同時に相互に目的である、という関係にあります。

  商店街組織が結成された当時、課題は商圏に侵入してくる大型店・チェーン店の組織力、資金力に対抗することでした。組合を作り、共同施設を整備し、共同販促に取り組む、ということが組合事業の中核でした。
しかし、その後情勢はさらに深刻化し、特に個店の業容の劣化によって、協同事業に取り組んだ結果として個店の業績が向上する、という成果がほとんど得られなくなっています。
共同事業の成果がシャッターの内側に現れない、という事態が全国の商店街で起こっています。

 せっかくの共同事業ですが、その成果が組織の目的である個店の業績好転につながっていません。
この状況に対応するには、個店の売り場の改革=売れる売り場への改革が不可欠です。
当社がいつも申し上げているとおり、活性化事業の成果を挙げるには、事業の目的である個店の売り場が「売れる売り場」として作られていることが絶対条件です。
この条件が実現されない限り、共同事業の成果が挙がると言うことはありません。

 個店の売り場の「売れる売り場」への改革が喫緊の課題ですが、これは従来の様に「個店の仕事」として個店の努力に期待することで済まされるでしょうか?
それが不可能であることはこれまでの取組で十分確認されています。
現在、小売業界を取りまく環境の変化は、商店街所属の各個店の『経験と勘』で乗り切れる性格のものでは有りません。

  商店街/個店が生き残るためには、あらためて、変化の本質を理解し、抜本的な対応策を講じなければならないが、そのために必要な知識/技術を個店が単独で確保するのは極めて難しい。そこで商店街組織の出番です。
これまでに無い性格の事業への取組が必要になっています。
これあまで『もっぱら個店の仕事』としてきた、個店売り場の『売れる売り場』への転換を商店街組織の取組として推進すること。

  商店街と個店は相互に手段⇔目的の関係です。
商店街が活性化したければ個店の『売れる売り場』づくりに貢献しなければならないし、個店が繁盛したければ商店街活動を手段として活用出来る『売り場』を作らなければならない。
今や商店街/個店双方に共通する課題は、個店の売り場を『売れる売り場』に転換することです。
『もの余り/店あまり」という前代未聞の環境変化の中で、空洞化しつつある商店街で『売れる売り場』を再構築する、という課題は個々の個店の力量を越えている可能性が極めて高い。

 再度強調しますが、各個店の売り場を「売れる売り場」に転換していく取組、これこそがこいま現在、商店街(街区―組織―個店)が総力を結集して取り組まなければならない最優先課題です。
「売れる売り場」の存在無くして商店街活動の成果が蓄積され、街が商業集積としての賑わいを再生することは不可能なのですから。

 ご承知のとおり、当社は、商店街活性化への道として『キラリ輝く繁盛店づくり』を提唱、理論と技術を提供しています。
既に先行実践する商店街では、業績の好転を実現している個店が続出しています。
今、商店街組織の理念・協同の向かうべきところは、『個店売場の「売れる売り場」への転換です。

  繁盛店を続出させることで商店街を商業集積として賦活する。
そのプロセスを担う個店群から続々と繁盛店が生まれて来る、理想的な協同の方向と方法の採用を真剣に検討してみませんか。7月24日開催の第二回セミナーは活性化への道を理解し、実践するための第一歩です。

当ブログでは繰り返し提言しているところですが、このたびフェイスブックであらためて提言したものを転載します)

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ