「売れる売り場づくり」は、商店街活性化の手段であり目標である

 小売業を取りまく環境を一言で言い表すなら、「もの余り・店あまり」です。家庭にはモノが溢れ、買物行き先は数え切れないほど。
そうしたなかで「不要不急の商品」を販売しているのが商店街のお店。今日、何が何でもこの店で買わなくちゃ、という商品を売っているわけではありません。もちろんこれは商店街のお店に限ったことでは無く、すべての売り場が同じ条件に置かれています。
そうしたなかであらためて「買物行き先」としての位置を確立しようというのが商店街活性化の目的です。...
とするなら、「わざわざ買物に出かける」価値のある売場を作る、揃えることは商店街活性化の究極の目標になります。


 活性化実現のための不可欠の取組ですが、これまでほとんど取り組まれていません。それどころか活性化には「売れる売り場」作ることが不可欠だ、という共通の理解さえ有りません。これでは商店街が活性化出来ないのも無理はありません。

 そうこうしている間に、チェーン企業の方でも「売れる売り場づくり」が大きな課題になって来ました。「もの余り・店あまり時代に不要不急の商品を売る」という商売を成立させるため、「売れる売り場づくり」は小売業全体が取り組まなければならない課題になっています。チェーン企業で盛んに取り組まれている「個店経営」とはまさに「売れる売り場づくり」そのもの、それも売り場自体で取り組む「売れる売り場づくり」が追求されています。これチェーン企業が取り組んでいる「個店経営」です。
しかし、彼らには「売れる売り場」の論理と技術が有りませんから、前途は厳しいと思います。

とはいうものの「売れる売り場づくり」は、「我が社のお客」では無く「この店のお客」の満足を追求する店づくり、
得意客づくりですから、徐々に商店街の売り場に対する影響がこれまでとは違ったレベルで強くなるかも知れません。

本来なら、商店街が積極的にお客を取りに行くべきところ、なけなしのお得意さんをチェーンに奪われてしまうことになるかも知れません。


商店街活性化の実現にとって、個店が「売れる売り場」をつくることは不可欠の条件です。いくら魅力的な集客イベントで来街者を集めても、その人達が個々の売り場を体験し、気に入ってもらって翌日の来街来店につながらないとせっかくのイベントが無駄に終わります。これまで多くのイベントがそうであったように。

商店街活性化にとって、売れる売り場づくりは不可欠の手段です。


一方、個店・売り場の方から見れば、商店街が事業として「集客」に取り組むことは、自店の売場の出来映えを新規のお客さんに披露する待たない機会になります。

シャッターのすぐ外をお客が歩いているわけですからこの人たちにお店を体験してもらえば、その中からお得意さんが生まれることが期待出来ます。

いわば、商店街活性化事業を手段として自店のお客を作り出すことが出来るわけです。


こうして考えてみると、商店街活性化と個店の「繁昌」はお互いに相手を手段とすることで成り立つことが分かります。相互に手段ということは、相手の手段として相手の目的達成に貢献することを通じて自分の目的実現する、という関係です。商店街活性には不可欠の関係ですが、ぼうっとしていて作られる関係ではありません。きちんと目的意識を持って取り組むことが肝要です。


この相互目的の関係と構築するのが「売れる売り場づくり」です。


上述のとおり、今や「お客に見える売り場づくり」・「売れる売り場づくり」は、小売業界全体に共通する課題、商店街には我々が提供する「キラリ輝く繁盛店づくり」の理論と技術があります。
活用するかどうかはあなた次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ