「個店経営」の二義

当社は「個店経営」を独立自営地場中小小売商業の意味で使っています、ご承知のとおり。
しかし、もちろんこれは「自覚した地場小売業」のことであり、「売れる売り場づくり」を目指す、小売業としての持続可能な、コンとr-る可能な売り場づくりを目指す商業者を指します。もちろんこの場合、チェーン小売業が対応出来ない消費購買ニーズをターゲットにした店づくりを目指す、と言う含意があること言うまでもありm、あせん。

 一方、流通業界で使用されている「個店経営」という概念は、チェーン小売業の戦略として浮上して来た概念です。
立地する地域特性、消費得被購買行動に適応する売り場を作るという課題に対応するには、従来の本部主導の店づくりでは難しいと言うことで、個々の売り場段階で自主的に店づくりに取り組む、と言うのが個店経営です。
従来のチェーン理論では店舗は本部の計画を実行する「作業の場」だったのが、個店経営では個店ごとのよ得意客のにずに対応する店づくりを推進することになります。
店舗運営能力に抜本的な革新が求められ、実現するにはいろいろとこんな課題がありますが、クリアしないとチェーン小売業の持続可能性が揺らぎます。

我々の個店経営とチェーンの個店経営、共通しているのは売り場の「見える化」を実現するという課題。
それも単にb実現するだけでは無くそのプロセスで、「見る能力」を修得すること。
我々が取り組む「見える化三段活用」が真価を発揮するときです。

ボランタリィてぇーんなどにはいますぐ採用を奨めたいですね。

肝心の商店街の方は、相も変わらず、「イベント集客で活性化」という40年間全く実現出来なかった夢幻を追いかけるばかり。
せっかくの「売れる売り場づくり」も期待する向きが少ないようで。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ