中心市街地とはどこのことか?

中心市街地活性化法に定義されている中心市街地とは、①都市の「旧」中心部のうち、②維持に支障が生じている商業街区のことです(法第2条参照)。 法的中心市街地とは「活性化が必要な状況に陥っている中心商店街及びそこと密接に関連する街区」のことであり、常識的に使われている中心市街地とは相当ニュアンスが異なります。

従って、中心市街地活性化の定義(法第一条)「都市機能の増進及び経済活力の向上」も「中心商店街の・・・」という様に理解しなければならない。都市機能の増進=都市的福祉施設、居住施設の整備も(この法律では)中心商店街及びその周辺における、ということであり、何もこの街区に都市機能を集中させようという話ではありません。

「中心市街地」を理解出来ず、「経済活力の向上」を理解出来なかった関係者は、中新市街とを都市中心部鳥飼氏、都市機能の充実を都市機能の中新市街地への集中と取り違え、コンパクトシティの主張と結び付けるという暴挙を犯しています。
その結果、商店街活性化もコンパクトシティのどちらも実現出来ない、と言う結果に陥っていますが、あらためて中活法で粉pかつそhちにアプローチして良かったのかどうか、と言った検討は行われないでしょうね。きっと。
そういう総括が出来るスペックがあれば当初からこの法律でコンパクトシティを目指すということにはならなかったでしょうから。

考えて見れば:
商店街活性化が実現できない:単位商店街では無理、と言うことで中心市街地活性化のスキームが設定され
それでも活性化出来ないので、
商業施策だけでは無理ということで、都市機能の増進→コンパクトシティ構想と風呂敷はどんどん大きくなり真ましたが、肝心の商店街活性化策の方はほとんど改善されず、結果、成果の発言はほとんど見られない、という総務省レビュー的状況に陥ったまま脱却の展望が無い。

あらためて、中活法的中心市街地とは中心商店街+byondであり、そのキモは商店街の持続可能性の再構築=広域正面における商業集積としてのポジションを定義して既存個店群の自助努力を組織化することで構築していく、という基本方針を確認して取組を再構築すること。
言葉を言い換えたからといって新しい展望が生まれるわけも無く、かえって取組が混乱してしまうばかり。
あらためて商店街のしょうぎょう集積としての再構築という基本課題に立ち帰るべきですが、商業理論もプロジェクトの推進要領も持っていない事業主体に果たして所要の見直しが出来るものかどうか。

大いなる疑問符が付くプロジェクトの成り行きですね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ