専門用語の定義が無い世界

 商店街活性化とは商店街がどうなることか?
われわれ以外に定義している例があるでしょうか?

〈通行量〉も定義されていないので、〈来街者を増やす〉ことなのか〈街区内の遊歩訳を増やす〉ことなのかハッキリしません。

もちろん、商店街―中心市街地活性化という目的に照らして考えれば、「回遊客数」なのですが・・・。
快癒客数を増やすための取組はほとんどOK、おなわれたいないような・・・。
回遊は繁盛している売り場がたくさんあって、それを冷やかしてまわる、気に入った商品があれば衝動買いする、と言う楽しさを持った〈遊歩〉であり、単なる通行ではありません。単なる通行量をふやしても商店街が賑わうことは無いのです。

〈まちづくり〉も定義されていません。
定義するとそれぞれの定義が違って話が混乱する、と言う理由で定義しないという先生もいらっしゃるようですが、はて、定義が違っていても違っていることを認め合った上で話を進めれば何の混乱も起きません。

逆に定義しないで進めると突っ込んだ話は出来ず、当たり障りの無い世間話というか商店街で見聞した話題を披露し合う程度のことしか出来ない、これが商店街活性化の現状ですね。
中心市街地方面では「経済活力の向上〉という重要な用語が定義されていません。
この「向上」を実現するための数値目標が〈通行量の増加〉なのですが、経済活力とは何のことか定義されていないので、果たして通行量をどれくらい増加すればどの程度の向上が見込まれるのか、全く分かりません。

分からないまま設定した数値目ひゅおうをクリアした、しなかった、と言っているのが中心市街地活性化の現状だと思えば、活性化出来ないのも無理はない、と言う気持になりますね。

このあたり,本当にちゃんと考えておかないと,いつまで経っても〈活性化への道〉の入口に立つことが出来ないと思うのですが、どうして商店街の皆さんは自分のこと,自店のこととして商店街活性化,中心市街地吾kっせいかにつて自分の頭で考えないのか、謎ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ