活性化とは個店の増収増益

 商店街活性化はもっぱら【通行量の増大】が追求されていますが、突き詰めると,既存個店群の増収増大を実現出来ないと本当に商店街が活性化したとは言えません。
ちなみに目標数値として掲げられるのは「通行量の増大」であって、来街者の増大では無く、まして「住む人来る人を増やす」でもありません。お間違いの無いよう。
商店街の活性化を測る通行量とは「一定の時間における商店街内の回遊者数」ですからね。
回遊=買い回り、下見、ひやかしなどの目的で売り場を回ること。

回遊=買い回りが実現するには、「行って見たい売り場」がそろっていることが前提になります。
いつも愛顧してい売り場に来店したついでに立ち寄って見たい店、いくつもあると回遊が増え、街に来る頻度も高くなります。
その結果として通行量が増えます。
商店街活性化のを測定する通行量は,増やそうと思って増やすのでは無く、【魅力ある店・売り場】を増やした結果として実現するものです。

商店街活性化の取組は、【売れる売り場づくり】がメインです。参加した個店経営は業績が向上し、持続可能性が虚ユーケーされます。街なかの回遊が増え、賑わいが賑わいを呼ぶ新しいショッピング客の来街も期待出来るようになります。

その根幹となるのが【売れる売り場づくり】です。
商店街を活性化したければ、まず、「売れる売り場」を増やすこと。売れる売り場の作り方を習得すること。
つまり、各個店が【増収増益】を実現すること。これが商店街活性化を実現するために最優先で取り組まなければならない課題です。
従来、商店街活性化のシナリオは、通行量を増やす―その結果として商店街が活性化する―個店のお客が増える、と考えられてきましたが、間違いです。本当は,売れる売り場づくり、各個店の増収増益に取り組まないと商店街は活性化出来ません。

我々は商店街活性化の会陰をジグ結おう機会として選択した時から,一貫してこのことを主張してきましたが、なかなか受け容れられませんでした。最近になってようやく【売れる売り場づくり】の重要性についての認識が高まってきたようです。
あなたの商店街では如何ですか?
売れる売り場づくり、個店の増収増益を目的にした活性化は、商業者が口火を切らないと難しいと思いますが、有志の登場が切望されますね。

我々の経験では、商店街活性化事業でもっとも効果が現れ、永続出来るのは【キラリ輝く繁盛店づくり・お客に見える売り場づくり】です。売上げベースで昨対比20%アップは全然難しくないです。

チャレンジした人は、当社宛メールでご相談を。
始めの一歩から支援します。必要により取組事例も紹介します。
ウェブ内終始分は無料です。気軽に離礁してください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ