一体的推進の目標

旧中活法のスキームでは〈市街地の整備改善のための取組と商業等の活性化のためお取組〉の両者を一体的に推進することで実現を目指す〈一体的推進の目標〉を設定することになっており、「街区内の商店街等の商業集積を一個のショッピングモ-ルに見立てて再構築する」ことが求められていました。
TMOの役割はこの再構築の司令塔でした。

改正後、中活法のスキームに〈一体的推進の目標〉は示されていません。
と言うことは都市が自ら設定しなければならないことを意味します。
しかし、各地の中心市街地活性化基本計画を見ると、どうも具体的な目的・目標を掲げ損なっているように見受けられます。
「〇〇〇のまち」といった耳に心地よい抽象的なキャッチフレーズが掲げられているだけ。

改正中活法の目的は、都市機能の増進と経済活力の向上と定められていますが、特に重要なのは後者、経済活力の向上です。
これを実現することが中心市街地活性化の目的、其れを実現する爲に設定するのが〈一体的推進の目標〉というように考えることが大事です。

一部では中活法のスキームでコンパクトシティを目指す、と言う潮流もありましたが、中活法はそんな性格の法律では無いと思います。スタート時点から改正後まで、一貫して〈中心市街地における商業等の吾活性化〉がその目的です。
都市機能の増進は諸機能の中心市街地への集中を計画するのではなく、既存及び新設する都市機能についてのこと、経済カル町の向上とのれん件をb考慮しながら推進する、というのが妥当では無いかと思われます。

経済活力の向上=商業の活性化であることに疑問の余地はありませんが、この言い換えにより、〈商業集積間競争〉にへの対応という重要課題がぼやけています。
経済活力の向上は、商業集積としての再構築を通じて実現するもの、他の方法では実現出来ません。

中心市街地活性化、各般の事業に取り組んで実現を目指す〈一体的推進の目標〉は、【商業集積としての再構築」と定義されることをお奨めします。
この定義を採用すると、必然的になすべきことが現れてくるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ