商店街活性化 基盤整備事業

 長年、袋小路に入っている感のある商店街活性化について、抜本的な転換を提案します。
名づけて[商店街活性化基盤整備プロジェクト]。

基盤整備とは:

 一般に基盤整備と言えば土木建築方面の取組ですが、商店街・中心市街地活性化の場合、土木・建築方面の取組以前にもっと基本的なな課題があります。ハード面の整備よりももっと基礎的な条件整備。基本中の基本がきちんと整備されていることが土木建築的段階的基盤整備が本物の基盤整備となるかどうかを左右する、という正真正銘的基盤整備です。

 つまり、基盤整備を始め、ソフト&ハード両面、多種多様に取り組まれる活性化を目的とする事業群が所期の効果・貢献を果たすための条件をあらかじめ整えておくこと。
もし、活性化事業の効能効果を発揮させる条件が整備されていなければすべての活性化事業が徒労に終わります。ですよね?

 基盤整備事業以降の活性化事業を効果あらしめる条件とは何か?

【それは「売れる売り場」が軒を連ねていること】です。
景観整備、イベント、非物販の集客施設の整備等々、来街者を増やす事業の効果が発揮するには、事業に先立って【売れる売り場】が揃っていることが前提になります。

 ところが、実際の活性化の取組はここの論理が完全に倒錯していて、「売れていない売り場で商品を売る条件」として活性化事業が位置づけられ、取り組まれている。端的に言えば、売れない売り場は店前通行量を増やせば売れるようになる、という仮説に基づいて事業が企画され取り組まれているわけです。

 景観を整備する、コミュティ施設を整備する、空店舗出店補助etc,. すべての事業が「通行量が増えれば売り場は売れる」と言う前提で取り組まれています。
実際はそうはいかない、と言うことが全国各地の種横転街における実践でずうっと実証されていますが、なかなか取組を転換することが出来ない。
店前通行量の増加で効果が出ないなら、直接入店者を確保しよう、と始まった「商店街活性化・三種の神器」はさらに劇的で、店頭・店内にイベント客を誘引しても、売上げ―顧客増加を実現出来ません。

 その原因はたった一つ、基盤である「売れる売り場づくり」が作られていないから。
たぶん、皆商店街の皆さんは、自分の売り場が「売れない売り場」になっていることに気づいていません。

  そう言えば以前、まちぜみに取り組んでいたお店で、ゼミの参加者は来るんだけど売上げにはつながらない、とぼやいていたおかみさんが「見える化」に取り組んだら、ゼミ参加者が買ってくれるようになった、と喜んでい報告してくれたことがあります。
いまではまちぜみのモデル店だそうで、「まちゼミの前に基盤整備ですよ」とちゃんと伝えるよ~に(^_^)

 さて、現在の活性化事業の継続を主張できるのは、とりあえず、取り組んでいる事業が自分の店にとってプラスになっている人ですね。
プラスとは:
①イベント毎に新規の来店客があり
②その後数日間続く
③その中から結構な割合で得意客が増える
ということがイベントのたびに起きている人です。店づくり、売れる売り場づくりがちゃんと出来ているからですね。
繁盛店にとってはイベント様々です。

  多くのお店で①~③が起きていれば活性化事業は大成功ですがそうはいかない。
商店街のイベント当日は、ショッピング目的のお客は激減する、というのが多くの商店街に共通する傾向ですね。

 多くのお店は、イベント当日は新規来店客どころかお得意さんの来店さえ諦めています。
これでは活性化事業の効果はゼロ同然、何回繰り返しても同じ結果が繰り返されるだけ。

 と言うことで、活性化への近道は「商店街活性化基盤整備事業」に取り組むこと。
他に方法は無いと思うのですが、取り組めない事情があったりして。

その1.一国一城の主が死守する売り場に踏み込む腕と度胸がありますか?
その2.踏み込むに当たって装備する「売り場づくり」の効果効能如何

 考えると誰でも二の足を踏むのが当然でしょう。
シャッターの内側に問題があると分かっていても着手出来なかった二大理由です。

 我々はなぜ提案出来るのでしょうか?
我々が提案する「商店街活性化基盤整備事業」は、皆さんご存じの「売れる売り場づくり―キラリ輝く繁盛店づくり」です。
われわれは二大難問をどうクリアしているのか?
実は[その一]は大した問題ではありません。
一国一城的プライドも売上不振には勝てません。というか、個店経営のプライドの源泉は売り場、売上げ、お客の支持ですから今やqもン大はプライドをどう取り戻すか、ということです。
我々が提唱する[お金を掛けずにここまで出来る! キラリ輝く繁盛店づくり]のように繁盛出来る、と納得出来れば動きます。

 問題は[その二]にあります。
この厳しい時代、モールを始め郊外型商業全盛という時代に、商店街立地で・業種業態不問・お金を掛けず・商品構成を変えずに「売れる売り場」に変身させることが出来る、だれでもその気になりさえすれば売れる売場を作ることが出来る、というのが[その二]への答えです。
そして、今現在この答えとして唯一提供されているのが我々の[キラリ輝く繁盛店づくり]です。

 商店街活性化事業は「売れる売り場」の存在を前提に組み立てられているが、売り場の現状は果たして如何。
活性化の基盤となる「売れる売り場」の再構築=商店街再生基盤整備事業への着手を急ごう。

 
取り組めない事情というのは積年の不毛な取組に起因することが多かったりしますが、それはともかく。取り組めない事情を内側に抱えていたのではできる事業もできなくなります。
出来ない事情をどう解消するのか、腕の見せ所、知恵の出しどころ(^_^)
と言うことで、商店街活性化は、今すぐなんの準備もせずに着手出来る「基盤整備事業」への取組がスタートしないことにはシナリオが書けない。話はそれからだ、と言うことですね。

 各種活性化事業を成功させるには、基盤となる「売れる売り場」が整備されていることが根本条件。実際の商店街に「売れる売り場」は揃っているか? 活性化事業の効果が発現しないのは、基盤である「売れる売り場」が少ないことが最大の要因、「売れる売り場」を増やすことが活性化への最優先で取り組むべき課題です。

商店街活性化事業が成果を挙げられないのは、
1.もはや商店街という存在を活性出来る条件が無い のかあるいは、
2.取組が根本的に間違っていたから
のどちらか。
どっちがどっちか決着させて次の行動に移るべき。

 答えは簡単。
繁昌している商店街もあるわけですから、1ということはあり得ません。
答えは2です。

問:活性化に取り組んでいる商店街が活性化出来ないのはなぜか?
答:取組が根本的に間違っているから。


  “手直しすればいい”とか “何かを付け加えたらといい”というレベルでは無くて、従来の取組は根本的に間違っていた、と確認しなければならない。 根本的な間違いとは?

  これまでの活性化事業は
「個店のシャッターの内側には問題は無い。問題は来街者・通行量が少ないこと」
という前提に基づいて組み立てられているが、この前提は間違っているということ。です
間違った前提で取り組む事業で活性化出来るわけが無い。

 現在取り組まれている活性化事業が前提にしている条件は適切なのか? それとも間違っているのか?
どう考えるかで商店街の命運が定まる時期を迎えていると言って過言ではありません。

ということで、あなたは:
間違っていない派? それとも
間違っている派?
どちらでしょう(^_^)

事態がここまで深刻化すれば、取り組み方が間違っていると見る以外に無いだろう、と考えるあなたには起死回生の方法が(^_^)

 通行量が増えることで売上アップが期待出来るのは、自動販売機とコンビニエンストア。
品ぞろえが売れてなんぼの商売人が通行量などあてにするわけが無(い^_^)

  とは言うものの、通行量増加という活性化事業の柱のひとつが「商店街実態調査」ことアンケート調査によって示されたた商店街の問題意識「通行量が減少していること」を反映していることは言うまでもない。藻谷謬論もしかり。
空洞化に陥っている商店主さんたちの問題意識が活性化策を決めているの図。

 我々が見るところ、商店街活性化の取組、本物かどうかを見分けるには、基盤整備=売れる売り場づくりに取り組んでいるかどうかを見る。これは厳然たるDemarcation。
執行部を担う巡り合わせとなっている理事長さんは、既定路線を継続するのか、基盤整備に移行するのか、これまでにない決断を迫られていると思いますが、責任者としての心境としてはどうでしょうか。

 いったん、移行を決断すると若干の整理整頓は必要かも知れませんが、移行してしまえば明るい日々が訪れるかも。もちろん、自店売場の業績も今以上に伸長すること間違い無し。分かってて行動しないのは罪ですよ(^_^)
(続く。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ