集客イベントは客数・売上げのかき入れ時

 賑わい創出を目的に取り組まれる集客イベント、多くの商店街で当日はイベントの運営で手一杯、自店はほったらかしで集客行事に注力するパターンが定着しています。
その結果、当日は平常日よりも入店客す、売上げが低下する、と言う商店街も見受けられます。
言われるのは、当日の売上げ・入店客数は目的ではない、と。

 そうかも知れませんが、イベント本来の目的が『再来街(店)の創出』を大きな目標に掲げており、その目標を達成するための最大の課題である「売場の見える化」が実現されていれば、お客はイヤでも入店してきます。
売り場が見えた結果としての入店ですから多くが『売上げ』につながります。
このせっかくの好機が全く活かされていない。
 
 イベントの目的をきちんと踏まえて事業を組み立てれば、当日は売り場に特別の仕掛けをしなくても各個店の客数・売上げは確実に向上します。理論的にそうなるはずであり、かつ、キラリに取り組んでいる個店のイベントに際してのお客の動きによって実証されています。
キラリのみなさん、そうですよね(^_^)

 イベント開催時、参加した各個店に「客数・売上アップ」という業績が実現しないと、そのイベントは「再来街客の創出』という任務の達成に失敗したのかも知れません。ショッピングの場としての適否をチェックし、評価が高かった売り場以外に『再来店したい』という気持は起こらないでしょうから。イベント翌日から商店街は元通りの閑散振りに逆戻り・・・。成果の蓄積は出来ません。

 イベント当日は、イベント来街者に向けて各個店売場の『ショッピングの場』としての充実度合いを十分にアピールすることが必要です。AIDMAを発動させる機会がイベントだと考えることも出来ます。AIDMA誘発の準備はイベント直前の付け焼き刃では済みません。逆に言えば、イベントは日ごろこつこつと取り組んで来た「売れる売り場づくり―お客に見える店づくり」のその時点での到達レベルを『お披露目』する機会です。
イベントのたびにお披露目が出来ると日ごろの取組にいっそう気合いが入ります。本来、イベントはそのように活用すべきではないでしょうか。

 キラリを実践している個店にとって、イベント当日はまたとないか「き入れ時」、新規来店客の増加、売上げの増加が実現し、さらにイベント終了後の数日間は『イベント当日見せてもらいました』と言いながら一見さんが入ってくる・・・。けして通行量の多い商店街の話ではありません。キラリにと組んでいる商店街・売り場では普通に見られる成果です。
イベントにわざわざ来街した人が、今度はお店めがけてわざわざ来街してくれる、ということがイベント本来の目的の一つ。

 「イベントに売上げは求めない」という人もいますがとんでもないことです。それではイベント自体が目的化しており、従って、売り場の改善などはほとんど意識されていない取組になっていると思います。そういうイベントの繰り返しで商店街が活性化する、商店街の担い手である個店の売り場が賑わうようになる、ということはあり得ません。

 「イベントをかき入れ時にする」
もちろんそれは再来街、再来店に直結する【かき入れ】でないと意味がありませんから、「特価セール」や「一日限りの〇〇市」といった【企画もの】では無く、各個店プロパーの【売り場づくり】の成果として実現する「かき入れ」でなければならない。

そのためには,何が必要か?
キラリ実践中の皆さんはイベントのたびに実感し、いっそう
【売れる売り場づくり】に邁進されていると思います。
イベント=かき入れ時になっていないキラリさんはどこかで取組方を間違えています。点検し、改善してください(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ