商店街政策検討会

承前)

17日の記事で引用紹介した中企庁「新たな商店街政策の在り方研究会」について。

検討会への課題として商業課長の提起4つ
.
1.商店街の必要性。
 地域における商機能の担い手が商店街である必要は何なのか。
地域内で経済を循環させ、 また、将来にわたって地域の買い物機能を維持するためには、どのような主体が商機能を 担うべきなのか。

2.求められる商店街。
 今後、地域に「求められる商店街」はどのような姿になっていくのか。
また、商店街が求められる姿に変わるためには、どのような取組を行えばよいの か。

3.稼げる商店街。
 商店街と商店街内に立地する個店の 両方がきちんと利益を上げ、事業を継続していける環境を確立するには、どのような取組 が必要か。

4.あるべき支援の姿。
 商店街の活性化のためには、今後どのような支援策を採るべきか。また、どのような支援体制が効果的か

 と言う四つの課題が諮問されています。
検討会の議事録、現在2回分がアップされていますが、どうも諮問の内容とは違う方向でそれぞれ委員さんが持論を展開されているような気配。

 我々としては、1~3問については既に問題としては解答済み、実践に移行しています。
商店街活性化の必要性、可能性、実践における技術の問題、組織としての取組の進め方、という「三点セット」の「商店街活性化への道」を提案、有志商店街と協働で推進しているところです。

 一足先に実践段階に移行している、すなわち、上掲の課題について、それなりの解答を提出している立場から、若干コメントをしてみたいと思います。

1.商店街活性化の必要性について:
「もの余り・店あまり」、集積間競争が激化している今日、競争我に利あらず、空洞化している商店街をなぜ活性化しなければならないか?
さらに活性化が必要だとして、集積間競争が厳しいなかでどうすれば活性化できるのか?
という問にも答えなければならない。
この問いに答えるには、広域で熾烈化している商業集積間競争の主体となっている集積、施設について理解することが不可欠、商店街を活性化する、と言うことはこれらの施設からお客を誘引すると言うことですから、それらの集積の特性を要り会することは不可欠です。
どうも商店街活性化の論議では、あたかも広域商圏には商店街以外に商業集積・商業施設は一個もないかの様な「振り」で取り組まれていることが多い。これは問題です。
商店街を活性化する他面は客数が増やすことが筆湯央ですが、取組の標的になる人たちはみんな今現在は他の商標施設に買い物に行っている人たち、この人達に買物行き先を商店街9に変更してもらうには、ライバルを十分リカした上で体8作を講じることが不可欠です。
理解するためには理解するために役立つ「商業理論」を装備することが不可欠。
検討会ではどのような商業理論に基づいて検討が行われるのか?
理論なしでは客観的な検討が出来エイエム線から、あたら言い政策としての提案も「可能性」を客観的に検討出来ないレベルの提案では困ります。

第二に「求められる商店街」について。

求められると同時に持続可能な商店街であること。さらに言えば、商店街の自助努力中心で実現出来ること。

第三、 稼げる商店街。
活性化=小売業、商業集積としての持続可能性の再構築は、当然ながら〈再投資〉が可能な条件を作り出すことを含んでいます。〈経済活力の向上〉ですね。
整備改善活性化法では〈ショッピングモールに見立てた再構築〉という「一体的推進の目標」、個店―組合の双方が〈稼げる〉体制を目指すことになっていました。新しい政策でも個店群と商店街組織がともに繁盛する、相乗効果を発揮出来る方向と方法を確立することが求められているのでしょうね。

第四、あるべき商業政策。
 どういう8政策が打ち出されるのか、刮目して待ちたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ