FC2ブログ

“理にかなっている”

 タイトルは、先日takeoが講師を務めた“合意形成のための勉強会”に参加された人の感想です。

 勉強会開催の経緯としては、
①現在進めている計画作成のなかで、「商業の活性化」については商業者、会議所、行政で作業部会を組織、事業計画の作成に取り組んできた。
②計画の草案が出来上がったが、“計画を推進すれば中心市街地・商業の活性化を実現出来る”という確信を持つことが出来ない。
という情況において、
③当社の存在・提唱を知り、参考として勉強する機会を持った。
ということです。
当社としては「毎度のこと」です。

 「中心市街地活性化への道」を提案し、質疑を行う。
参加者同士の討議も活発に行われ、「共通の土俵」としての『基本計画』草案の見直しに取り組むための「共通の土俵」を早急に作り直すことになります。

 タイトルは、取り組みの過程での参加者の発言。
これを基礎に同じコトバで意見を出し合うと、違った意見だと思っていたのが、実は同じ意見だった、とか近い意見だと思っていたら、対立する意見だった、といった発見もあったりして、最後には「自助努力の組織化」無くして中心市街地・商業の活性化は実現できない、という当たり前のことが共有され、「組織化」を実現していく取り組みを企画し、『基本計画』に記載することになりました。

 既に「三者体制」は出来ていますので、見直しは年内には目処が付くのではないかと思いますが、見直しの終了は即・「活性化への道」を三者が共有することを意味します。
あとは、活性化実践の導きとなるレベルで『基本計画』を作っていく、平行して「個店の転換」の実務に取り組んでいく、ということになります。
あるべき「中心市街地活性化」実現への取り組みだと思います。

 “理にかなっている”とは、納得した、ということ、商業の活性化の実現が既存商業者の自助努力の方向転換を不可欠とする以上、
関係者が「活性化への道」を実現可能な適切な方向と方法である、と納得することは、最優先で実現しなければならないこと。

 あなたのまちでは、いつから・どのような方法で実現に取り組みますか? 

 ということで、「この秋の取り組みは勉強会だ」という当社が提案している方針は、既に基本計画作成の途次にある都市、これから作成する都市にとって、検討し・採用すべきものだとあらためて確信した次第です。

一理ある、誰かの役に立つかも、と思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ